<ザ・プレーヤーズ選手権 3日目◇14日◇TPCソーグラス(7,215ヤード・パー72)>
 米国男子ツアー「ザ・プレーヤーズ選手権」は第3ラウンドが終了。初日から首位を走るジェイソン・デイ(オーストラリア)はこの日“73”でラウンド。スコアを1つ落としたが、トータル14アンダーで首位を堅守。今季3勝目に王手をかけた。
松山のこれまでの戦いを特選フォトでプレーバック!
 36位タイから出た松山英樹は7バーディ・2ボギーの“67”をマーク。3連続バーディを2回奪取するなど猛チャージをみせ、スコアを5つ伸ばしトータル10アンダーでフィニッシュ。一躍首位と4打差の2位タイに浮上し、今季2勝目が狙える位置で最終日を迎えることとなった。
 松山と並び2位タイにつけたのはケン・デューク(米国)とアレックス・チェイカ(ドイツ)。5打差の5位にはフランチェスコ・モリナリ(イタリア)がつけた。その他、ローリー・マキロイ(北アイルランド)はスコアを3つ落としトータル5アンダー17位タイ、アダム・スコット(オーストラリア)はトータル3アンダーで24位タイとなっている。
【3日目の結果】
1位:ジェイソン・デイ(-14)
2位T:松山英樹(-10)
2位T:ケン・デューク(-10)
2位T:アレックス・チェイカ(-10)
5位:フランチェスコ・モリナリ(-9)
6位T:ケビン・チャペル(-8)
6位T:レティーフ・グーセン(-8)
8位T:ヨナス・ブリクスト(-7)
8位T:キャメロン・トリンガル(-7)
8位T:コルト・ノスト(-7)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【2日目】
シニアツアー、KYORAKUカップのリーダーボード
国内女子ツアーでは「ライブフォト」を実施中!
最新のギア&イベント情報をまとめてチェック!