生産100万台を突破したルノー カングー。

ルノーは特別仕様車が多い印象を受けますが、中でもカングーは群を抜いて多いような気がしますが、「ルノー カングー ジャンボリー」に代表されるイベントなど、それだけ愛好家が多く、ほかにはあまりないカングーが欲しいというニーズがあるからでしょう。

1

すでに第4弾となる今回の「ルノー カングー ペイザージュ」は、フランス南西部のフランスとスペインにまたがるバスク地方の町の風景をイメージしたという2色のボディカラーが設定されています。

「ペイザージュ」は、フランス語で風景を意味するそうで、「ペイザージュ」を車名に持つカングーは、フランスの風景をテーマとするボディカラーの限定車。

第4弾のルノー カングー ペイザージュ(ベースグレードはゼン AT/6MT)の由来となるバスク地方は独自の文化を持ち、とても情熱にあふれた地方だそうです。

町には、この情熱を表す赤に彩られた木組みのバスク建築の建物が多く見られるだけでなく、豊かな自然を表す緑の建物も多いとのこと。

この赤と緑のコントラストがバスク地方の特徴的な風景となっていて、同特別仕様車は情熱の赤と豊かな自然の緑の2色をボディカラーとして用意。

特別装備は、「ヴェール シトロン メタリック(緑)」、「ルージュ パボ M(赤) 」の特別塗装色のほか、シルバー&ブラックフロントバンパー/ブラックリヤバンパー、シルバードアミラー、プライバシーガラス(※)、カーテンエアバッグ(※)、フロントシートバックテーブル(※)、可倒式助手席(※)が用意されます(※ルノー カングー ゼンの6MT標準車は標準装備)。

販売開始は6月2日からで販売台数は2色ともに100台。AMとMTの割り当てはATが70台、6MTが30台となっています。

(塚田勝弘)

「バスクの風景」が表現された赤と緑の限定車「ルノー カングー ペイザージュ」が登場(http://clicccar.com/2016/05/15/371857/)