「アンリ・ルルー」で人気のキャラメル「ディアブル・ローズ」がひんやりスイーツに

写真拡大 (全3枚)

そろそろ冷たいスイーツが恋しくなる季節。世界で唯一のショコラティエ・エ・キャラメリエ「アンリ・ルルー」の東京ミッドタウン店では、春夏限定のキャラメル「ディアブル・ローズ」をアレンジしたソーダとパフェが登場。
「ディアブル・ローズ」とは、バナナ、フランボワーズ、パッションフルーツをベースにした人気フレーバーのひとつ。「アンリ・ルルー」の故郷であるフランス・キブロンの海辺を行き交う水着姿の美しい女性達に捧げた逸品で、これからのシーズンにふさわしい味わい。そんなキャラメルをアレンジしたスイーツというから、期待が高まる。

2016年8月末までの期間いただけるそうなので、甘いもの好きの女子はぜひチェックしてみて!

◆爽やかでしゅわしゅわな心地よさ!「ソーダ ディアブル・ローズ」

ぽってりとグラスに盛りつけられたソルベがキュートな「ソーダ ディアブル・ローズ」(メイン画像、イートイン1080円、テイクアウト648円)。ソルベ ディアブル・ローズ、ディアブル・ローズのシロップ、フランボワーズの果肉、そしてペリエとクラッシュアイスが層になっているという贅沢さ! 実は、混ぜることによって味わいが変化するおしゃれな仕掛けも。最初はすっきりとした飲み口でしゅわしゅわのペリエを、つぎにかき混ぜてソルベを少しずつ溶かし飲み進めてみて。スムージードリンクのように変化して、まるでデセールのようなテイストに。ローズピンクの色合いも愛らしく、まさに女子好みのドリンク!

◆食感も楽しい、ラブリーな「パフェ ソルベ ディアブル・ローズ」


ひんやりスイーツの代表格である“パフェ”も、アンリ・ルルー仕様の「パフェ ソルベ ディアブル・ローズ」(1728円)に変身。たっぷりと盛りつけられたソルベ ディアブル・ローズの下には、ディアブル・ローズのクリームをふんだんに。さらに、サクサクのクランブル(クッキー)、微炭酸エスプーマ、パッションフルーツが層になり、いろいろな食感や味わいと出会えるのがポイント。ローズピンクにホワイト、イエローのコントラストも美しく、ラグジュアリーでアートなパフェ。

きりりと冷えた極上のスイーツで、初夏のひとときを優雅に過ごして。