Will.i.amの本気──AI搭載、ウェアラブルガジェット

写真拡大

The Black Eyed Peasの首謀者として知られるwill.i.am。彼がテックスタートアップを立ち上げ進めてきたデヴァイス開発が、ひとつの到達点を迎えようとしている。数々の「失敗作」を積み重ねた上に見出した彼の答えは、人工知能にある。

「Will.i.amの本気──AI搭載、ウェアラブルガジェット」の写真・リンク付きの記事はこちら

その日のwill.i.amは、まだ早いうちにトークショー番組『エレンの部屋』への出演を終えたところで、自分の鼻が詰まったように感じていた。彼は2025年が待ち遠しくてしかたない。そのころには、人工知能(AI)がそんな不調もラクにしてくれる世界になっていると思うからだ。

「ウィル、鼻が詰まってるようですね」と、彼の想像する架空のAIは語りかける。「最近何を食べましたか? 甘いものを控えれば、もっと鼻の粘液が出るようになりますよ。夜はしっかり休んだ方がいいから、午後7時からの約束はキャンセルしておきます。CVSで硫酸マグネシウムを買っておきました。取りに行ってください」──。

「これこそが、『AneedA』でやろうとしていることだ」と、彼は言う。AneedAは、will.i.amが立ち上げた消費者向けテクノロジーブランド「i.am+」の次の有力な製品だ。i.am+は、400ドルのiPhoneケースや腕輪型スマートフォン「Puls」のような“失敗作”で知られている。

RELATED

彼らは、AneedAはデヴァイスを問わないヴァーチャルアシスタントであると言う。インターネットやストリーミングミュージックなどのサーヴィスに対応し、対話型インターフェイスを備えている。そしてその最新版は、Nuanceの音声認識、Wolfram Alphaの知識エンジン、イスラエル・テルアヴィヴの新設企業Sensiyaを買収して確保した機械学習テクノロジーを使用している。

will.i.amは、スマートフォンの代わりになるという腕輪のようなデヴァイス「Dial」を手始めに、さまざまな製品にAneedAを組み込むつもりだ。小さなタッチスクリーンには最小限の情報が表示され、話しかければアプリが立ち上がる。ユーザーは、携帯電話の契約と同じようにデータプランの料金を支払う。5月に英国で初お目見え、米国での発売はその先の予定だ。

しかし、まずは今晩[原文記事は5/2(現地時間)公開]、Aneeda はニューヨークで開催されるメット・ガラに登場する予定のwill.i.am着用のタキシードにインストールされて、初公開される。クリエイティヴディレクターのアダム・デリーは次のように言う。「会場に現れるときには、光を放ち宙を舞って現れるとでも期待されているのかもしれない。でも、もっとおとなしい、古典的な方法を取りたかったのです」

RROSALES_WIRED_WILL.I.AM-3331ag

クリエイティヴディレクター、アダム・デリー。

i.am+のオフィスを訪れると、その小さな部屋はミシンや生地でいっぱいだった。マネキンが着たショールカラーのジャケットには、クアルコムのチップセット、バッテリー、マイク、スピーカーなどのAneedAを稼働させる部品が埋め込まれた埋め込まれていた。

小さなボタンを押して話しかけると、ヴァーチャルアシスタントが動作する。最新ニュースや音楽が流れ出し、メールを送信したり、飛行機を予約したり、食事のデリヴァリーを注文したりといったことをAneedAに頼むことができる。

AneedAは、複雑な要求に対処できるように、以前投げかけられた質問やコメントを覚えている。「飛行機に乗りたい」と言うと、「行き先はどこですか?」とアシスタントが答える。「ニューヨーク」と言うと出発がいつなのかを尋ね、選択肢を提示する。ビヨンセの〈セ〉の発音などにちょっとした違和感は残るが、同社の共同創立者で社長のシャンドラ・ラザクリシャンは、テクノロジーは、多くの人が使えばそれだけ賢く成長するものだと言う。

RROSALES_WIRED_WILL.I.AM-3439AG

will.i.amの経歴を考えれば、 AneedAが音楽と相性がいいのはもっともだ。2,000万曲のストリーミングサーヴィスを備えており、リクエストするとAneedAが楽曲を探してプレイリストに追加し、あるいはライヴのチケットを予約し、お気に入りのアーティストからの最新情報を見つける。英通信キャリアのThreeは、こうしたストリーミングにかかる通信料がユーザーにとって負担になるようにはしない、と話している。

しかし、それで人々は納得して、これを装着するだろうか? これまで何百というスマートウォッチが販売されてきているが、それらは少なからず難ありなデヴァイスばかりだ。

すでにリリースされているPulsに対する批評家たちの評価は、「ウェアラブルな悪夢」とか「この1年間で触ったなかで最悪の製品」などといったものばかりだ。一方、i.am+側からするとPulsは「ベータヴァージョン」だという主張だ。

「要するに、その製品は存在意義がなかった、十分なものではなかったということです。わたしたちはいち早く、それを認識していました」と、i.am+の共同ファウンダーで社長のチャンドラ・ラサクリシュナンは言う。「『手首に電話を付ける』ことそのものは、端末をもう1つ所有する理由にはなりません。それが問題でした」

RROSALES_WIRED_WILL.I.AM-3365ag

チャンドラ・ラサクリシュナンは、i.am+の共同設立者兼社長だ。

Pulsは、既存の電話以上の機能性を発揮するものではなかったうえに、趣味の悪いスクリーンにバッテリーがついていて醜くもあった。今回、チームは改善のための設計として、小さなスクリーンで操作しなくともいいように、音声ベースのAneedAを採用した。かくして生まれたDialは、確かにPulsよりはスマートだ。ただ、手首の上に付けるにはまだ大きい(アーティストであるwill.i.amなら似合うのかもしれないが)。

Dialに付属するブルートゥース・イヤホンは、テクノロジー的には真新しい点はないが、そのデザイン性は際立っている。イヤーピースはブランドロゴで飾られていてすぐに彼らのものだと見分けがつく。あたかも、iPodの白いワイヤーケーブルや、Beatsのヘッドホンのキャンディカラーのように。

Aneedaは、スパイク・ジョーンズが監督した映画『her/世界でひとつの彼女』のようにヘッドホンのなかで動作しないのか? そう訊ねたところ、チームメンバーはそれぞれ頷き、そうした可能性をうかがわせた。

RROSALES_WIRED_WILL.I.AM-3460AG-crop1

「AneedAはどこでもやっていけるのさ」と、will.i.amはわたしに語った。それこそ、タキシードのようなものにでも。あるいは、AneedAを彫刻にでも埋め込み、「Amazon Echo」のように使ってもいいだろう。話す頭脳。これがwill.i.amの思い描く未来だ。

確かに彼がこれまで手がけた製品は失敗しているし、彼自身おどけたふりをしている。しかし、will.i.amはプロデュースとマーケティングの熟練した職人だ(彼はBeats創設以来の投資家でもある)。

彼は自身の名声が、ハードウエア企業を立ち上げる助けになると同時に、障害にもなることをわかっている。「たしかにありがたいことだ。スタートアップとしてはなかなか達しえなかった地位へ登りつめられたのだから。しかし、害悪でもある。なぜなら、テックコミュニティは真剣に取り合ってくれないから。最初はこうしたジレンマに悩んだけれど、いまとなっては、知ったことか?って感じだ。ぼくらはもう、驚くほどの投資家や才能を惹きつけているのだから」

まさに「言いたい奴には言わせとけ」、というわけだ。そして、will.i.amはそうした批判に慣れている。「The Black Eyed Peasだって、いままでスタジアムを満員にしたことなんてないんだから」と彼は言う。「ときに人は、図太くならなきゃいけないんだからな」