12日、東武鉄道は台湾鉄路管理局と連携し、特急「りょうもう」号200型車両1編成の塗装を、台鉄自強号「普悠瑪(ぷゆま)」のデザインに変更すると発表した。写真は特急「りょうもう」号デザイン変更イメージ。

写真拡大

2016年5月12日、東武鉄道は台湾鉄路管理局と連携し、特急「りょうもう」号200型車両1編成の塗装を、台鉄自強号「普悠瑪(ぷゆま)」のデザインに変更すると発表した。

【その他の写真】

今回のデザイン変更は台湾の観光客を栃木・群馬方面へ誘致する狙いがあり、同車両は6月17日から運行を開始する。

「普悠瑪」は白い車体に赤色のラインが特徴的で、側面には「TRA(台湾鉄路管理局)」の文字が施されている。洗練されたデザインは台鉄の看板列車として台湾でも人気となっている。

さらに、今回の「りょうもう」号の塗装変更にあわせ、東武鉄道と台鉄はそれぞれ特急「スペーシア」と「普悠瑪」に、共通デザインの記念エンブレムや今年の干支にちなんでデザインされた「猿」マークを掲出している。「猿」マークは今年新造された「普悠瑪」のみに掲出されているものを採用した。

東武鉄道が車両の塗装デザインを海外の鉄道事業者のデザインに変更するのは初の試みで、同社は「今後も引き続き両社沿線のみならず、日台間の交流人口増加を図るため各種連携施策を行う」と述べている。(編集/内山)