美容師が知っている「子どもに安全なシャンプー」の選び方

写真拡大

みなさんのお宅では、どんな子ども用シャンプーを使っていますか? 何を基準に選んでいますか?

シャンプー売り場に行くと、沢山の種類の子ども用シャンプーが、陳列されていますよね。違いがよくわからず、結局いつも「子どもが好きなキャラクターのシャンプーを選んでいる」という方が多いと思います。でも、ちょっと待ってください! そのシャンプーの成分は、子どもに安心して使える物なのでしょうか?

ベビーシャンプーは低刺激で安全な商品が多いですが、子ども用のシャンプーには、刺激の強い成分が配合されている商品も多く販売されています。小さな子どもの皮膚は、まだバリア機能が整っていない為、頭皮に使うシャンプーは安全な物を選ばなければ、皮膚トラブルになる原因となってしまいます。

そこで今回は、元美容師である筆者が、“子ども用シャンプーを選ぶ時に気をつけたいポイント”をご紹介します。

 

■裏面に書いてある成分表をしっかりチェック

シャンプーの裏面には必ず、製品の中に配合されている全ての成分が記載されている成分表が書いてあります。その成分表を見ればちゃんと子どもに、安全な成分が使われているのかどうか、調べる事が出来ます。

ここでチェックして欲しいのは、余計なものが配合されていないかどうかです。“香料、着色料、防腐剤”などは、頭皮や髪に必要なものではなく、敏感肌の子どもには刺激が強いものになります。できればそれらの成分が配合されていない、無添加のシャンプーを選ぶようにしましょう。

商品パッケージには、“やさしく洗える”と書いてあっても、成分表を見ると刺激の強い成分が含まれている事が数多くあります。成分表を見る事で、そのシャンプー製品の真実を知る事が出来るのです。

 

■一番大切なのは洗浄成分

シャンプー裏面の成分表で、水の次に書かれているのが“洗浄成分”です。ここをしっかりチェックしてください!

子どもの皮膚はまだ薄くて、乾燥しやすいです。そこで洗浄力の強いシャンプーを使用してしまうと、必要以上の皮脂を取り除いてしまい、バリア機能が乱れて頭皮が乾燥してしまいます。頭皮が乾燥してしまうと、様々な皮膚トラブルを引き起こす原因にも繋がります。

まず、“ラウレス硫酸Na”と書かれていたらそれは洗浄力の強いシャンプーになるので気をつけましょう。この洗浄成分は、市販のシャンプーによく配合されている成分で子ども用のシャンプーにもよく使われているのです。

オススメは、アミノ酸系の洗浄成分です。たんぱく質を構成するアミノ酸は、肌や髪と同じ成分なので肌に優しく、洗浄力も強くないので安心して使う事ができます。“ココアンホ酢酸Na”、“ラウロイルメチルアラニンTEA”と書いてあったら、低刺激で安全性の高いシャンプーになるので、小さなお子様にお勧め出来るシャンプーです。

 

■家族で同じシャンプーを使う時も要注意

家族で同じシャンプーを使う場合にも注意が必要です。大人用のシャンプーにはシリコンなど、子どもにはまだ必要ではない余計な成分が多く配合されています。

そして安全だと思われがちな、オーガニックシャンプーを使う場合も注意が必要です。オーガニックシャンプーには、様々な種類の植物成分が配合されています。もし子どもが植物アレルギーを持っていて、アレルギー反応がでてしまったら大変な事になってしまいます。

使いたいシャンプーが肌に合うかどうか心配な時には、パッチテストを行ってから商品を使用する事をお勧めします。

もし「家族で同じシャンプーを使いたい!」という場合は、アミノ酸系の優しい洗浄成分で作られた無添加のものを選ぶようにしましょう。「でも、洗浄力が優しいシャンプーは、泡立ちにくくて……」と感じたら、お風呂に入る前に髪の毛をしっかりブラッシングした後に、ぬるま湯で髪をよーくすすいでからシャンプーをすると、泡立ちやすくなるので試してみてくださいね。

 

以上、いかがでしたでしょうか。今お子様が使っているシャンプーには、どんな成分が配合されていましたか?

子ども用だから、低刺激な成分で作られているのだろう、と思って成分表をみてみたらびっくり! 意外と刺激の強い成分が配合されているシャンプーが多く販売されています。

次回、お子様のシャンプーを購入する際は、ぜひ裏面の成分表をチェックしてから、選ぶようにしてください。

気がつかないで、肌に合っていないシャンプーを使い続けていると、頭皮にかゆみやフケがでてしまう事があります。症状がひどい時は、素人判断せずに皮膚科で診てもらいましょう。

そして子どものシャンプーは、使う製品選びも大切ですが、洗い方にも注意が必要です。特にシャンプーハットを使っているお子様、自分で髪を洗っているお子様に多いのが、シャンプー剤をしっかり洗い流せていない事です。すすぎがしっかり出来ていないと、頭皮の臭いや、髪のべたつきの原因にもなります。

頭皮、髪の毛を清潔に保つ事は、集団生活の中で感染しやすい頭ジラミの予防にも繋がります。ぜひこの機会に、今使っているシャンプーの成分と、お子様の髪の毛の洗い方も見直してみてくださいね。

(ライター やまさきけいこ)

 

【関連記事】

※ 原液は頭皮につけちゃダメ!薄毛をまねく「NGシャンプー方法」4つ

※「髪の洗いすぎ」がまさかの逆効果!頭クサ〜を防ぐシャンプーテク

※美容師はリンスしないの!? サロン帰りに近づく「プロ直伝のシャンプー方法」

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 短期間で-6.5kg!? 薬剤師が絶賛した効果の出る健康美痩せダイエット法とは

※ 外出中も安心!「留守中に子どもを見守る」ママの強〜い味方とは

※ 周りの視線が痛い…アラフォーママが「薄毛を実感するシーン」3つ

 

【姉妹サイト】

※ コーヒーブレイクでお口が臭う!? 「コーヒー口臭」の原因と対策3つ

※ 6位「子どもの前でタバコ」より…非常識な親!とドン引きする母親1位

 

【画像】

※ Alinute Silzeviciute / Shutterstock