11日、中国企業がPS4とXbox Oneを合体させたような新型ゲーム機を発表したと日本メディアが報じたことについて、中国でも話題になっている。

写真拡大

2016年5月11日、中国企業がPS4とXbox Oneを合体させたような新型ゲーム機を発表したと日本メディアが報じたことについて、中国でも話題になっている。

【その他の写真】

新型ゲーム機「Tomahawk F1」を発表したのは、FUZE Entertainment社。本体はソニーのPS4のデザインに、コントローラーはマイクロソフトのXbox Oneのデザインに酷似している。ゲームコンソールはAndroidがベースだというが、ユーザーインターフェースはソニーのものによく似ており、PSストアそっくりだ。

この記事に、中国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。

「いくらか似ているというだけで、訴訟には至らないんじゃ?」
「政府が仕入れると予想」

「相手が訴えるかどうかというだけで、訴訟に至らないわけではない」
「訴訟は避けられないだろうな」
「中国人はいつになったらパクリ病を治せるのだろう」

「海外にまで恥をさらして、もう…」
「こんなかたちで海外進出しても」

「PS4とXboxを踏みにじっている」
「独創性のかけらもない。がっかりした」
「大恥かくのには大成功だ」(翻訳・編集/岡田)