何も見ずに自転車を描いてみる、それを実際にかたちにしてみる

写真拡大

イタリアのデザイナーが、人が何も見ずに描いた自転車をリアルなCG画像にするプロジェクトを行った。「Velocipedia」という名のこのプロジェクトの目的は、絵の正確さを測ることではなく、記憶を頼りに描いてもらった絵を通して、人の創造性を明らかにすることだ。

SLIDE SHOW 「何も見ずに自転車を描いてみる、それを実際にかたちにしてみる」の写真・リンク付きの記事はこちら
02

2/8IMAGE BY GIANLUCA GIMINI

03

3/8IMAGE BY GIANLUCA GIMINI

04

4/8IMAGE BY GIANLUCA GIMINI

05

5/8IMAGE BY GIANLUCA GIMINI

06

6/8IMAGE BY GIANLUCA GIMINI

07

7/8IMAGE BY GIANLUCA GIMINI

08

8/8IMAGE BY GIANLUCA GIMINI

Prev Next

紙とペンを用意して、何も見ずに自転車の絵を描いてほしい。制限時間は2分だ。

ジャンルーカ・ジミニは、6年間で500人以上にこの作業に挑戦してくれるよう頼んだ。記憶だけを頼りに自転車の絵を描くのは、思ったより難しい。実際に試してくれた370人(ジミニによれば、うまく書けずに途中で投げやりになってしまった人が何人もいたそうだ)のうち、正確に自転車の絵を描けたのは、25パーセントほどだった。

Velocipedia」と名付けられたこのプロジェクトで、ジミニは絵の正確さを見たかったのではない。彼は、うまく自転車を描けなかった残りの75パーセントの人々の絵から、最も突飛で、見るからに非現実的なものを選び出し、CG画像をつくったのだ。「自分の創造性を抑え込み、ただ指示に従うことだけに専念しようとすると、人は本当にへんてこな絵を描いてしまうんです」と彼は言う。

人間の創造性を明らかにする

このアイデアのきっかけは、2009年に交わされたボローニャのとあるバールでの会話だった。子ども時代の思い出話をしていて、ジミニはあるクラスメートのことを話した。その子は、クラス全員の前で自転車の絵を描いてみるようにと言われが、うまく描けなかったという笑い話だ。

自転車は誰もが目にするものであり、皆が小さいころに乗り方を覚える。世代から世代へと伝えられていくものだし、どの土地やどの文化でも同じように重宝される。

「自転車の姿なんて、誰でも知っているとわたしたちは思っていました」とジミニは言う。「でも、そのとき一緒に話していた友人がナプキンに自転車を描こうとして、失敗したのです」

Gianluca-Gimini-Velocipedia-1200-HORIZONTAL-GALLERIES-13-1024x602

こうした実験を試みたのは、ジミニが初めてではない。リヴァプール大学のある心理学者も、何も見ずに自転車の絵を描いてもらうというテストを実施している。また、2013年のBuzzFeedの記事「Here’s What Happens When You Ask People To Draw A Map Of The USA From Memory(何も見ずにアメリカの地図を描いてと頼んだ結果)」を覚えている人もいるだろう(結局誰も描けなかった)。

どちらの調査も、面白い結果となった。でもこれではまるで、人類は何も知らない間抜けであるかのように見えてしまう。

しかし、ジミニのプロジェクトは違う。描かれた絵にちょっと芸術的なひねりを加え、人が実はとても創造的であるかを明らかし、それを称えるプロジェクトなのだ。

目に見えない何かを暴き出す

これは、2014年にネット上で広まったプロジェクトに似ている。テキサス州サンアントニオの高校生が、見知らぬ人に世界地図を描いてみるように頼み、その調査で集めた絵から30枚を選んで、「Photoshop」で1枚の合成地図をつくり上げたのだ。『The Atlantic』誌によると、彼は「目に見えない何かを暴き出すアート作品」をつくろうとしたのだという。完成した絵は、30通りの視点が1枚に融合された、ロールシャッハテストで使われるインクのしみのような画像となった。

ジミニがつくったリアルな画像にも、同じような魅力がある。まるで、誰かの空想でいっぱいになった隠れ家を覗いているようだ。

「ひとつのテーマについての、ここまでさまざまな変化に富んだ世界は、ひとりのデザイナーが一生をかけたところで、到底表現できなかったでしょう」とジミニは語る。