添加物・化学調味料に頼らない、中澤裕子の食育事情

写真拡大

 先日、タレントの中澤裕子さんが自身のブログで、佐賀の伊万里牛と熊本のあか牛を贅沢に使った肉じゃがを作るとレポートしていました。

 また、中澤さんは食材に凝る人のようで、たとえば、卵も遺伝子組み換え飼料をまったく使わない卵を常時購入、グルテンフリーの米粉ルーも使っています。

 中澤さん曰く「添加物や化学調味料に慣れない、頼らない食生活」というものをテーマにしているのだとか。

 また、育児中でもあり食育に関心を持っているようで、どんな食事が理想的なのかを日々勉強して模索しているのだそうですよ。

 料理といえば、おいしさ、上手さが注目されがちですが、中澤さんは自称料理下手だそう。でも、素材を大事にし、体に優しいものをおいしく食べてほしいというのが狙いだといいます。確かにそれも、愛情の形かもしれませんね。