映画のシーンによって、人は異なる化学物質を放出している:研究結果

写真拡大

映画を見ている人々の体から放出される化学物質が、映画やシーンの種類によって異なることが明らかになった。このパターンを分析すれば、その映画を人々が本当はどのように評価していたのかを、客観的に分析できる可能性があるという。

「映画のシーンによって、人は異なる化学物質を放出している:研究結果」の写真・リンク付きの記事はこちら

人々の体からは、微量な化学物質が放出されている。こうした化学物質は、見ている映画のシーンによって異なることが、9,500人の映画鑑賞者を対象とした調査で明らかになった。

具体的には、面白いシーンやスリリングなシーンになると、それに合わせて特定のガスの量が変化すると研究チームは報告している。学術誌『Nature』オンライン版の「Scientific Reports」に発表された論文は、人間が揮発性の化学物質をシグナルとして利用している証拠を提示するものだ。

研究チームは、映画館の換気口に陽子移動反応質量分析計(PTR-MS)を接続し、ホラー映画の『キャリー』や「ホビット」シリーズ、1997年の映画『Buddy』など16種類の映画を計108回上映した。PRT-MSは、人間の体から放出されることで知られる872種類の揮発性化学物質のうち100種類を、十億分率以下の検出限界値で測定したという。

同じ映画を異なる複数の観客グループに見てもらい、そのときに放出されたガスを分析したところ、「一部の化学物質の急激な増加」が同じように繰り返し起こることがわかった。例えば、コレステロール合成と関連がある不溶性ガスのイソプレンは、『ハンガー・ゲーム2』のある特定の時間に2度のピークを記録した。論文の著者によれば、このピークが発生する時間は、「ヒロインの服に火が点いたときと、最後の戦いが始まったときという(2つの)クライマックスシーン」にそれぞれ対応していたという。

Screen-Shot-2016-05-11-at-7.57.58-PM

次に研究チームはそれぞれの映画を調べ、シーンごとにラベルを付けた。たとえば、セックス、コメディ、サスペンス、ミステリーといった具合だ。そして、このデータをスーパーコンピューターで分析し、シーンの種類と排出される化学物質の相関関係を詳しく調査した。

その結果、化学物質との関連が最も強く見られたのは、コメディとサスペンス(負傷シーンを含む)のシーンだった。サスペンスの下位カテゴリーである負傷シーンは、メタノール、アセトアルデヒド、2-フラノン、ブタジエンの急増に関連していたという。「このような変化を他の人が認識できたなら、警告や撤退を示すシグナルとなるため、進化において有利に働いたという解釈も可能だ」と著者は推測している。

また、このような放出パターンを分析すれば、観客が映画をどのように評価したかを客観的に測定できる可能性があると研究チームは述べている。