音楽によるリラクゼーションはコスパも最大!
◆「パレオな男」の快適ビジネスヘルスハック 第3回

 パレオな男、Yu Suzukiです。

 ストレスが体に良くないのは常識。慢性的なイライラや不安が続くと、ヒトの体は血糖値が上がり、体脂肪が増えて肥満になり、鬱や不安の症状まで出ることがわかっています(1)。とにかくあらゆる不調の原因になってしまうわけですね。

 そこでオススメなのが音楽セラピーです。好きな音楽を聞いて癒やされた経験は誰にでもあるでしょうが、そのストレス解消効果は科学の世界でもお墨付きが出ています。

 例えば2014年にアメリカ心理学会が選んだ「科学的に正しいストレス解消法」によれば、音楽の効果はエクササイズや瞑想にも匹敵するとか(2)。

 多くの研究により、テンポの遅い音楽を聞くだけでも心拍数と血圧が自然に下がり始め、実際にストレスホルモンの分泌量も減っていくことが確認されています。

◆「世界でもっともリラックスできる曲トップ10」は?

 なかでもすぐ役に立ちそうなのが、2014年に英マインドラボ社のデビッド・ルイス博士が行った実験です。これは40人の女性を対象にした実験で、全員にさまざまなパターンの音楽を聞いてもらいつつ、脳波パターンや血圧、ストレスホルモンの分泌量などを調べたもの。その結果、「世界でもっともリラックスできる曲トップ10」があきらかになったのです。

 まずは10位から6位まで見ていきましょう。

10位 ルーデュソレイユ「ウィーキャンフライ」(iTunes、Google play)

9位 モーツァルト「フィガロの結婚」

8位 アデル「サムワン・ライク・ユー」

7位 オールセインツ「ピュア・ショアーズ」

6位 バルセロナ「プリーズ・ドントゴー」

http://www.youtube.com/watch?v=1UQn-uZlNt8

 そして、トップ5が次のようになります。

5位 コールドプレイ「ストロベリーソング」

4位 エンヤ「ウォーターマーク」(iTunes、Google play)

3位 DJ Shah「メロマニアック」(iTunes、Google play)

2位 エアストリーム「エレクトラ」(iTunes、Google play)

1位 マルコーニ・ユニオン「ウエイトレス」(公式HP)

「フィガロの結婚」のような古典だけでなく、コールドプレイやアデルといった現代アーティストもふくんだ幅広いラインナップになっています。1位〜10位までの曲を連続で聞けば、誰もが問答無用のリラックス感を味わえるでしょう。

◆なぜ音楽で癒やされるのか?

 なかでも1位に選ばれた「ウェイトレス」は、イギリスのアンビエントバンドが、英音楽療法協会の監修を受けて作った究極のヒーリングミュージックです。この曲のポイントは、60BPMのゆったりしたテンポで始まり、終盤に向けて少しずつ50BPMまで下がっていくところ。実験データによれば、「ウェイトレス」を聞いた参加者は不安のレベルが65%も減少し、ついでに安静時の心拍数も35%下がったとか。これは、マッサージやエステ、スパといった定番のリラックス法をも上回る数値です。

 こういった現象が起きるのは、ヒトの体が音楽に同調していく性質を持っているからです。

 ゆったりしたリズムを聞き続けると、私たちの脳は5分を超えたあたりから同調を始め、自然と心拍数や血圧が低下。その結果、リラックス状態をつかさどる副交感神経が働くようになり、最終的にはストレスホルモンの量も減っていくわけです。

 また、科学をベースに作られた音楽は、他にもいくつか存在しています。

 なかでもオススメなのは、2015年にポストクラシカルの作曲家マックス・リヒター発表した「From Sleep」というアルバム(4)。一流脳科学者のディビッド・イーグルマン博士による監修を受け、脳生理学をベースに「最強に眠りを誘うアルバム」を目指した作品です。

 アルバムには2つのバージョンがあり、1つは寝る前に聞くために作られた1時間バージョン。もうひとつは、睡眠中もずっと流し続けるために制作された8時間バージョンです。

 わたしも1週間ほど試してみましたが、1時間バージョンの1曲目で早くも爆睡状態に。どんなに寝付きが悪いときでも2曲目までで寝入ってしまうため、いまだにほとんどフルで聞いたことがありません。よほど不眠にお悩みの方でなければ1時間バージョンで十分でしょう。

 旅行や食事で気分転換をするのもいいですが、科学的には音楽ほどコスパがいいリラックス法は他にありません。ぜひお試しください。

<文/Yu Suzuki>〈プロフィール〉月間100万PVのアンチエイジングブログ「パレオな男」(http://yuchrszk.blogspot.co.id/)管理人。「120歳まで生きること」を目標に、日々健康維持に励んでいる。アンチエイジング、トレーニング、メンタルなど多岐にわたり高度な知見を発信している。NASM®公認パーソナルトレーナー。あまりに不摂生な暮らしのせいで体を壊し、一念発起で13キロのダイエットに成功。その勢いでアンチエイジングにのめり込む。

●参考文献
1.http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2568977/
2.http://www.apa.org/news/press/releases/stress/
3. http://themindlab.co.uk/4.https://itunes.apple.com/jp/album/from-sleep/id1012746733?uo=4&at=10l8wG