13日、韓国世宗特別自治市のの政府職員数千人が当局から割り当てられた高級マンションを転売し、不当に利益を得ていたことが分かった。資料写真。

写真拡大

2016年5月13日、中国新聞社によると、韓国世宗特別自治市のの政府職員数千人が当局から割り当てられた高級マンションを転売し、不当に利益を得ていたことが分かった。韓国検察当局が調査に乗り出した。

韓国メディアによると、世宗特別自治市は中央官庁が集積する特別自治体。忠清南道に行政中心複合都市として作られた。同市は市内の公務員に住宅補助として数千万ウォン(約数百万円)を支給しているが、支給された住宅に住む職員は少なく、多くは売却して利益を得ているという。

昨年末時点で支給住宅に住む公務員は9900人中6198人にとどまっていた。2000人以上が住宅を転売したとみて検察が調べている。(翻訳・編集/大宮)