愛では食べていけない!? パートナーの年収を「気にした」既婚女性⇒○%!

写真拡大

恋愛と結婚はちがうという人がいますよね。結婚生活を送るうえでは、年収の高い男性を選んだほうがいいという考え方もあります。実際、結婚するとき男性の年収はどのくらい重要なのでしょうか。そこで、既婚女性のみなさんにこんな質問をしました。

Q.旦那さんを結婚相手に選ぶ際に、彼の年収は気にしましたか?

気にした……48.25%

気にしなかった……51.7%

意見はほぼ半々に割れました。若干「気にしなかった」人が「気にした」人を上回ったようですね。それぞれの回答の理由を見ていきましょう。

■彼の年収を気にした女性の意見

●生活ができればOK

・「第一条件でした。お金がないキツキツの生活は絶対にできないので」(28歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「自分が仕事できなくなったとき、生活力があるか不安だった」(31歳/医療・福祉/専門職)

結婚して働き続けている女性でも、出産時はまず会社を休まなければなりません。その間減ってしまった収入を自分の給料でカバーしてくれる夫がいると、ありがたいですよね。

●自分と比べて……

・「自分のほうが多かったら不公平だと思ったから。家事をすることになるはずだから」(32歳/その他/事務系専門職)

・「高給でなくてもいいですが、自分と同じくらいはあってほしいです」(33歳/医療・福祉/専門職)

一般的に、男性の年収は女性よりも高くなる傾向があります。男性よりも所得が低いからという理由で家事を任される女性は多い事実もあってか、「自分と比べて」気にする女性も多くいました。

■彼の年収を気にしなかった女性の意見

●社内恋愛だから気にするまでもなかった

・「同じ職場で、お給料が少ないのは知っていたが、一緒に働いたら何とかなると思ったので」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「社内恋愛だったためおおよそは知っており、気にすることがなかったから」(26歳/情報・IT/販売職・サービス系)

同じ職場で働いている彼のことなら、だいたいわかりますよね。自分から聞きづらい年収の話をしなくていいということは、社内恋愛の思わぬメリットかもしれません。

●年収は変わるものだし……

・「病気や急に辞めたりしたら、現在の収入ってあてにならないから」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「収入は職によって変わってしまうので。今は収入がよくても、離職したら同じ。働いてくれさえすれば、なんとかなると思っていたので」(29歳/その他/その他)

高給取りだと思って結婚した人の業績が悪化し、収入が減ることはよくあります。昔はもてはやされていた企業が苦境に立たされることも、テレビなどで見て知っていますよね。彼の年収にこだわってもしかたないのかもしれません。

■まとめ

結婚するとき、彼の年収を気にする人はやはり女性の半数に上ったようです。一方で、彼の年収は気にしないという人も、ある程度どれくらい稼ぎがあるのか見当のついている人がほとんどでした。やっぱり、彼の年収を何も知らないでお嫁に行くのは怖いかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年4月にWebアンケート。有効回答数142件。22歳〜39歳の既婚女性)