出川哲朗の鉄板芸「鼻ザリガニ」に専門家がストップ「感染症の危険がある」

写真拡大

13日放送の「全力!脱力タイムズ」(フジテレビ系)で、出川哲朗の鉄板芸「鼻ザリガニ」に、昆虫学者の五箇公一(ごか・こういち)氏が警鐘を鳴らす場面があった。

番組ではニュースの合間に、MCの有田哲平がキャスター役の出川に「昔からの仲間がいらっしゃるんですよね?」と切り出し、「出川さんの長年のお友達です。どうぞ!」と声を上げた。すると、ケースに入った5匹のザリガニが運び込まれ、出川は「なんなんだよ、もう〜」と嫌そうな表情を見せる。

ここで有田は「ふたりのじゃれあってる姿を見たいなと思いませんか?」「鼻に挟むシーンがあって、あれ好きですか?」と共演者に同意を求め、出川に「鼻ザリガニ」をさせる雰囲気に持っていこうとしたのだった。

しかし出川が渋っていると、有田が「五箇先生も見たいですよね?」と共演者の五箇氏に同意を求める。すると「いや、ちょっと気になるのが、ザリガニといえば感染症ですよね」「野生生物ですので雑菌を持ってますんで、場合によっては命に関わる」とザリガニの危険性を指摘したのだった。ザリガニからは、皮膚感染症ブルーリ潰瘍の病原菌が発見されたこともあるという。

この意外な展開に、出川は一転して「やらせろ!」「大丈夫だ!」と叫ぶ。それでも五箇氏は「報道番組的には、やめていただいた方がよろしいかなと。専門家として忠告いたします」とストップをかけたのだ。

それでも出川は「やります」と連呼したが、あえなくケースは回収され、鉄板芸の「鼻ザリガニ」を披露できない事態に。出川は「営業妨害も甚だしい!」と叫び、続けて「『感染症大丈夫かな?』て思われて見られたら、こんな最悪なことない。芸人は心配されちゃったらおしまいなんだから」と、今後の芸に支障が出ることを恐れるのだった。

ここでさらに、五箇氏が「やっぱマネされると困る」と発言すると、出川は「危なくないよ!」と最後まで主張したのだった。

【関連記事】
出川哲朗が明石家さんまを評した言葉に規制音が入る事態に
有田哲平が自身の番組打ち切りに抗議 すぐさま継続決定となる珍事
加藤紗里が自らパロディ演じる 「ディスられたらディスり返す」との発言も