13日、中国で人気沸騰した韓国の俳優ソン・ジュンギが、北京市でイベントに出席。翌日開催のファンミーティングでのチケット価格の高騰ぶりも話題だ。

写真拡大

2016年5月13日、中国で人気沸騰した韓国の俳優ソン・ジュンギが、北京市でイベントに出席。翌日開催のファンミーティングでのチケット価格の高騰ぶりも話題だ。新浪が伝えた。

【その他の写真】

ドラマ「太陽の末裔(まつえい)」のヒットにより、主演俳優ソン・ジュンギが「新韓流キング」と呼ばれ人気沸騰中。13日、北京市でイベントに出席し、中国のファンの前に姿を見せた。

「太陽の末裔」では、中華圏で出演作の多い女優ソン・ヘギョと共演。ソン・ヘギョは映画「グランド・マスター」で香港の人気監督、ウォン・カーウァイ(王家衛)の作品に参加している。そのソン・ヘギョから撮影中のエピソードを聞いたというソン・ジュンギは、「もしチャンスがあれば、ぜひウォン監督の作品に出てみたい」と希望を語っている。

アジア中で人気が急上昇したソン・ジュンギは、翌14日の北京からファンミツアーを開催する。13日のイベントは、会場外に大量に出現した不正取引業者の示すチケット価格が一気に高騰。チケット以外にも、「800元(約1万3000円)で会場内に案内する」という怪しい業者まで現れた。さらに14日のファンミについては、もともと1080元(約1万8000円)のチケットを6800元(約11万円)で販売する業者もあり、その人気の高さがうかがえる。(翻訳・編集/Mathilda)