五郎丸さん、御手洗さん…名字の由来や先祖のルーツを調査して報告してくれるサービスがあるよ!

写真拡大


皆さんは自分の先祖のことを知りたいって思ったことはない? 私(記者)自身について考えてみると、両親や祖父母ぐらいまではわかるけれど、それよりさかのぼっていくと実はよく知らなかったり……。

そんなご先祖様について、ルーツや名字の由来などを調べてくれる「ご先祖ルーツ調査・おまとめ報告サービス」なるものがあるんです!

いったいどんなことを調べてくれるの? 調査金額は? これは気になります!!

【人それぞれ、相談はいろいろ】

このサービスを行っているのはファミリーヒストリー記録社。2013年の開業以来、2年間で約60件ものルーツ調査などを行ってきたそう。

具体的には家系図の作成や、江戸時代以前のルーツ調査と名字の由来調査、明治・大正・昭和初期の足跡調査、聞き取りで家族史・創業一族史をまとめることなどが依頼できます。

これまでの相談例としては、

「高遠藩の家老をしていたという言い伝えがある。本当か?」
「大変珍しい名字で自分でも調べたが難しく諦めた。調べてほしい」
「明治初期に山形からなぜ北海道に渡ったのか?山形の祖先のお墓をお参りしたい」

などがあるそう。でもこんな内容、いったいどうやって調べるの?

【調査方法は?】

調査は、個人情報保護士の資格を持つスタッフが、国会図書館を含め、全国の公的機関、寺院などで徹底して行うそう。

また、ファミリーヒストリー記録社では墓所調査を得意としていて、近世武家の系図、旗本家・大名家家臣団にも深い知識があるのだとか。

【気になる金額は?】

通常価格では「ルーツと名字の由来調査 都内詳細調査」が15万円、「家系図作成」は8万円とのことですが、現在は両方合わせて20万円のキャンペーン価格となっています。自身のルーツについて知りたいと思っていた方には、絶好のチャンスですね!

「実はこんな土地にゆかりがあったなんて!」「先祖にこんな人がいたなんて!」といろいろな驚きや発見があって面白そうです。

参照元:ファミリーヒストリー記録社、アットプレス
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch

画像をもっと見る