中国には陸上自衛隊について「自衛隊のなかの最弱部隊」とみなす言論が存在するようだが、中国メディアの東方頭条はこのほど、陸上自衛隊は決して最弱部隊とは呼べないという見方を示している。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国には陸上自衛隊について「自衛隊のなかの最弱部隊」とみなす言論が存在するようだが、中国メディアの東方頭条はこのほど、陸上自衛隊は決して最弱部隊とは呼べないという見方を示している。

 記事はまず陸上自衛隊に対するある韓国人の評価を紹介。この韓国人は陸上自衛隊を最弱部隊と見るどころか「韓国人は陸上自衛隊を重く見ている」と説明。アジア国家のなかで国連平和維持活動(PKO)に最も多く参加しているのは陸上自衛隊であり、全アジアにおいてもっとも豊富な実戦経験を持つと指摘した。

 また記事は、四川大地震の時に13万3000人の兵力を集結させた「中国の奇跡」を誇るあるネットユーザーが、「日本にどれだけの兵力があれば、災害時にこれほどの人数を集結させることができるだろうか?」と自衛隊を軽く見る発言をしたことに言及。
ある資料によれば中国の総兵力は約240万人となっている。

 しかし自衛隊はその総兵力が約24万7000人に過ぎないにもかかわらず、東日本大震災の困難を極める救援活動に陸自、海自、空自の3部隊合わせて1日最大10万7000人もの人員が投入されたと記事は指摘。短時間にこれほどの兵力が集結したことについて、中国では「最初は誰も信じようとしなかった」と記事は説明し、「陸上自衛隊を本当に最弱部隊と見なして良いのか?」と読者に問いかけている。

 陸上自衛隊が自衛隊のなかの最弱部隊とみなす言論が中国で存在するのは、2010年に韓国で行われた陸上自衛隊員12人と韓国の科学化戦闘訓練団(KCTC)12人によるサバイバル摸擬戦で、陸自側が惨敗したというニュースも関係しているのかもしれない。
 
 しかし論より証拠ということわざが示すとおり、記事は陸上自衛隊が実際に成し遂げた事柄を取り上げ、陸自最弱部隊論に対する強力な反証としている。最後に記事は「米国人でさえ日本人を非常に警戒しているのだから、どんな時も日本を見くびってはいけない」と訓戒している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)