映像は観るものから “体験するもの” へ……360度方向見渡すことができる映像世界で巨大モンスターから逃げろ!

写真拡大

360度全方位からムービーを閲覧できるアプリ「Google Spotlight Stories」を、あなたはご存知でしょうか。

AndroidかiOS、手持ちのスマホにアプリをダウンロード。スマホ専用に作られたという没入型のストーリーにいざ入り込めば、想像を絶する世界が、あなたを待っている。

なにしろぐるりと360度方向見渡すことができるので、視点が、景色が、毎回変わる。ということはつまり、観るたびに違う発見があるということ!

【あの映画を手掛けた監督が製作!】

現在公開されている作品は計4本。その中でも、特に臨場感たっぷりなのが「Google Spotlight Stories」初のライブアクション、『HELP』という作品です。

映画『ワイルド・スピードシリーズ』などを手掛けたジャスティン・リン(Justin Lin)監督による作品『HELP』の舞台は米ロサンゼルス。突如空から降ってきた流星の雨、破壊されたチャイナタウンを恐怖に陥れたのは、巨大なモンスター!

【一緒に逃げているかのような臨場感】

逃げまどう女性の後を追い、街を駆け、地下鉄に乗り、自分自身も逃走を続けるけれど、振り返ればすぐそこにモンスターが。映画のようなクオリティーを持つ美麗映像に、思わず後ずさり。これに加えて音声にも迫力があるので、想像以上のスリルを味わうことができますよ。

嬉しいことにこちらのアプリは無料。ムービーの容量が1GBほどあるので、ダウンロードするときはWi-Fi接続したほうがよさそうです。

【YouTubeで映像を観るときは4Kで】

「アプリで楽しむ前に、その全貌を試しに観てみたい」というあなたは、YouTube の Google Spotlight Stories チャンネルに投稿された映像をご覧になってみて。4Kまで画質を上げることができるので、ここはぜひとも4Kで。

ヘッドマウントディスプレイで体験すれば、楽しさはさらに膨れ上がることは確実。ってなわけでお持ちの方はさっそく、お試しあれ!

参照元:Google Spotlight Stories [Android アプリ、iOS アプリ]、YouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る