日本を訪れる中国人が激増している。日本政府観光局によれば、2015年に日本を訪れた中国人旅行客は過去最高の499万3800人に達した。これは前年比107.3%増にあたり、ぼったくり商法などで評判の落ちた韓国より日本を選ぶ旅行者が増えたためと言われる。しかし、残念なことに日本でも悪徳業者による被害が問題視されているようだ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本を訪れる中国人が激増している。日本政府観光局によれば、2015年に日本を訪れた中国人旅行客は過去最高の499万3800人に達した。これは前年比107.3%増にあたり、ぼったくり商法などで評判の落ちた韓国より日本を選ぶ旅行者が増えたためと言われる。しかし、残念なことに日本でも悪徳業者による被害が問題視されているようだ。

 中国メディアの石家庄新聞網はこのほど、日本国内における中国人旅行客を狙った悪徳商法を紹介する記事を掲載。記事は、環球時報の報道を引用し「メディアで取り上げられてきたにもかかわらず、被害者は減るどころか増加している」と伝えている。

 記事は、日本で主に問題になっているのは、旅行会社と免税店が手を組んで中国人観光客に高額な健康食品などを売りつける悪徳商法だ。旅行会社が雇ったガイドは、同じ時間に多くの旅行客が免税店を訪れるように調整することで200-300人の旅行客を集め、「偽の爆買い現象」を作り出し、「群集心理を利用して」高額商品を購入するよう仕向けるのだという。

 こうした罠は巧妙で、酵素や深海鮫エキス、グルコサミンのサプリメント、ヒアルロン酸といった健康食品に対し、まるで「医薬品でもあるかのような値札」がつけられており、中国人旅行客たちは騙されて爆買いしているという。

 中国では「日本人は民度が高く、礼儀正しい」と評価されているが、こうした評価を逆手にとった悪徳商法に対し、中国人旅行客たちは「騙されるとは思いもよらず、ショックも大きい」ようだ。日本でも振り込め詐欺をはじめ、ぼったくりや詐欺まがいの行為があるのは事実であり、記事も指摘しているが、中国人消費者が「日本製品を過信している」ことにも原因の一端がありそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)