13日、上海ディズニーランドが行ったテストオープンの参加者から、「園内の食べ物の料金が高すぎる」と不満が噴出。中国版ツイッター・微博の検索ワードランキングで1位になるほど大きな注目を集めている。写真はディズニーランドのピザ。

写真拡大

2016年5月13日、上海ディズニーランドが行ったテストオープンの参加者から、「園内の食べ物の料金が高すぎる」と不満が噴出。中国版ツイッター・微博(ウェイボー)の検索ワードランキングで1位になるほど大きな注目を集めている。

参加者によると、園内の食事はどれも70〜80元(1160〜1330円)と高額で、中華と洋食の2人分のセットは250元(約4150円)するという。このほか、子ども用のホットドッグが60元(約1000円)、チーズハンバーグが80元(約1330円)、小籠包は1つ6元(約100円)などとなっている。

これについて、中国のネットユーザーからは、「チケットもだけど、ディズニーってもともとこれくらい高いでしょ」「正常だ。金があれば食べればいいし、なければ食べなければいい」「テーマパークの食べ物なんてどこも高い。しかも上海だぞ」「香港ディズニーランドはもっと高い」と価格設定に理解を示す声が多いが、「空港のラーメンがとんでもなく高かったことを思い出した。この前はバカ高い魚料理がニュースになってたし。現代の人は搾取されるのに慣れちゃってるような気がする」と不満の声も見られる。

また、「自分で食べ物を持ち込めばいい」との声が数多く寄せられたが、他のユーザーから「ディズニーランドは食べ物の持ち込み禁止だよ」と一蹴されている。(翻訳・編集/北田)