中国古来の思想“五行説”。自然界の5つの要素「木・火・土・金・水」から成り立つとされ、それぞれが人の臓器(五臓)、心の状態と深く結びついていると考えられてきました。それに伴い、さまざまな不調を改善するために、“五行診断”が用いられることもあります。

そこで今回は、ビューティーフードアドバイザーの筆者が、五行タイプ別の不調の特徴と、改善するためのオススメの食材についてお話していきたいと思います。

当てはまる症状がある方は、ぜひ食生活に取り入れてみてください。

■1:木タイプ

【木タイプの特徴】

・イライラしやすい

・目が疲れている

・肩が凝っている

・爪が欠けやすい

・生理不順/生理痛が重い

【木タイプにオススメの食材】

・ハトムギ

・カモミール

・ペパーミント

・果物

・葉物野菜

■2:火タイプ

【火タイプの特徴】

・寝つきが悪い/眠りが浅い

・やる気が起こりにくい

・記憶力に自信がない

・感情にムラがある

【火タイプにオススメの食材】

・ルイボス

・ビワの葉

・凍頂烏龍茶

・トマト

・赤ピーマン

・ごぼう

■3:土タイプ

【土タイプの特徴】

・冷え性である

・むくみやすい

・口の周りに吹き出物ができやすい

・便秘/下痢気味

・ダルさを感じることが多い

【土タイプにオススメの食材】

・ハトムギ

・高麗人参

・ルイボス

・よもぎ

・かぼちゃ

・さつまいも

・じゃがいも

■4:金タイプ

【金タイプの特徴】

・風邪をひきやすい

・花粉症/アレルギーがある

・肌がカサつく

・便秘気味

【金タイプにオススメの食材】

・ハトムギ

・ドクダミ

・紫蘇

・シナモン

・しょうが

・にんにく

■5:水タイプ

【水タイプの特徴】

・白髪が気になる

・髪/肌に潤いが不足している

・足腰が疲れやすい

・耳鳴りがする

【水タイプにオススメの食材】

・凍頂烏龍茶

・ルイボス

・よもぎ

・わかめ

・ひじき

・海苔

「何となく調子が悪い」と感じている方はもちろん、上記の症状を予防したい方も取り入れてみる価値アリですよ。

ただし、改善が見られない方や、症状が深刻な方には、専門の医療機関を受診することをオススメします。

【関連記事】

「子宮力」がグンと高まる!朝の飲み物に骨盤ポーズ…3つの良習慣