13日、韓国日報は日本メディアとの共同世論調査の結果を発表した。資料写真。

写真拡大

2016年5月13日、環球網によると、日本と韓国のメディアが共同で行った世論調査の結果がこのほど発表された。

韓国日報によると、同紙と読売新聞が共同で行った世論調査で、対中関係に肯定的な回答を示した韓国人は65.4%となり、否定的な回答(29%)を上回った。しかし、昨年(肯定的76.2%、否定的19.7%)と比べると悪化している。

このほか、「中国を信頼できますか」という問いでは、「信頼できる」が昨年の44.8%から39.7%に減少。「信頼できない」は53.9%から59.0%に上昇している。「米国と中国では、今後どちらがより重要な国になると思いますか」との問いでも、「中国」を選んだ人が昨年の56.9%から44.3%へと大きく減少。「米国」との回答は36.3%から48.6%に上昇した。

一方、日本人では中国との関係に否定的な回答をした人が79%だったが、昨年(84%)からはやや減少した。中国を「信頼できる」との回答も依然低いものの、昨年の11.5%から12.7%とわずかに上昇している。

記事は「韓国人は中国に対して依然として友好的な印象を抱いている」などと報じているが、韓国人の中国に対する印象が悪化しているのは明らかだった。(翻訳・編集/北田)