12日、中国台湾網によると、台湾の馬英九総統はメディアのインタビューで20日以降の中台関係について問われると、「はあ」と大きなため息をついた。資料写真。

写真拡大

2016年5月12日、中国台湾網によると、台湾の馬英九(マー・インジウ)総統はメディアのインタビューで20日以降の中台関係について問われると、「はあ」と大きなため息をついた。

5月20日に民進党に政権を引き継ぐ馬総統は、メディアのインタビューで今後の中台関係に話が及ぶと大きくため息をつき、新しく政権を取る民進党の蔡英文(ツァイ・インウェン)主席に中台の「92年コンセンサス」を基礎としたこれまでの成果を尊重するよう呼びかけた。また、「民進党が本当に自分の道を進むのなら、大きいことを言わずにその方法を示すべきだ」とも述べた。(翻訳・編集/北田)