女の人生に赤は欠かせない。運命の赤にもう出会った?

写真拡大

女の人生に「赤」は欠かせない。

ランドセルも、お赤飯も、いつだって「赤」が力をくれました。

だから、大人になったいまでも、特別なところに行くときには、赤い口紅をつけたくなります。

でも、ピンクやヌーディな色の口紅と比べると、赤ってどうしても難しそう...。

そんなときにつけたい「赤」を教えてくれたのは、2016年5月13日に開催されたイベント「2016AW SHISEIDO "Rouge Rouge"」。

2016年7月1日(金)に発売される「資生堂 ルージュ ルージュ」を記念して開かれたこのイベント。テーマカラーは「赤」ということで、キャットストリートにあるBANK GALLERYは、真っ赤に染め上げられました。

5フロアに分かれた会場では、それぞれパーティやメイク体験を楽しむことができます。たくさんの人で賑やか!

20160513_03.JPG自分の生年月日から計算して導き出した数字から、運勢を占ってくれるブースも。

20160513_04.JPGメイク体験ブースには、「資生堂 ルージュ ルージュ」の全16色が揃っていました。

一見、さまざまな色味がありますが、じつはこのすべてが赤色! ひと口に「赤」といっても、そこには無限の種類の「赤」が広がっているようです。

そして、この16色のなかから、直感でピンときた色こそが、自分の運命の「赤」なのだそう。運命の色なんだと思うと、その色が愛しくなってくるから不思議。大切に使っていきたくなります。

ちなみに、フォーチュンアドバイザーのイヴルルド遙華さんによると、2016年は「ふたつのものを手にすることができる」運勢とのこと。

大切なふたつのものを手に入れるため、自分の運命の「赤」がきっと力貸してくれるはずです。

[資生堂]

文/グリッティ編集部・近藤うらら