10日、湖南郵電職業技術学院のモバイル通信学部の学生5人が授業をさぼったため、学生管理を行う指導員は5人に「くまモン」のSNSスタンプをA4の紙2枚に写すという罰を科した。写真はくまモン。

写真拡大

2016年5月10日、湖南郵電職業技術学院(湖南省長沙市)のモバイル通信学部の学生5人が授業をさぼったため、学生管理を行う指導員は5人に「中華新文化初体験グループ」で、最近地震があった熊本県のPRマスコットキャラクター「くまモン」のSNSスタンプをA4の紙2枚に写すという罰を科した。5人は11日にくまモンを描き始め、それを知った同級生らは笑いながら「もう絶対にさぼらない!」と口を揃えた。瀟湘晨報が伝えた。

【その他の写真】

このユニークな罰に、あるネットユーザーは「アイデアに富んでいる!」と適度に学生を罰することができる点を称賛。また、学生が描いた絵を見て、「くまモンが豚みたいになっている」「先生の笑いが止まらなかったんじゃない?」「これは美術の授業で、罰ではない」などの声も寄せられた。(提供/人民網日本語版・編集KN)