12日、人気ユニットF4出身の俳優ジェリー・イェンが友人の吐しゃ物を素手で受けたエピソードが「ぬくもり系男子の鑑」として紹介されている。写真はジェリー・イェン。

写真拡大

2016年5月12日、人気ユニットF4出身の俳優ジェリー・イェン(言承旭)が友人の吐しゃ物を素手で受けたエピソードが「ぬくもり系男子の鑑」として紹介されている。中国時報が伝えた。

【その他の写真】

台湾の人気バラエティー番組「女人我最大」で、MCのポーリーン・ラン(藍心[シ眉])が語ったもの。番組では、いま台湾でも話題の「ぬくもり系男子」が「備えておくべき技」をテーマにトークが繰り広げられたが、ポーリーン・ランがこれまでの人生で出会った最高の「ぬくもり系男子」は、自身の父親とジェリー・イェンだと紹介した。

ポーリーン・ランによるとある日、友人同士の飲み会の終了後、知人の車に数人が乗り合わせた。この時、車に乗った女性の1人が吐きそうになったが、さっと手を差し出したのがジェリー・イェンだった。車内が汚れるのを恐れたジェリーは、吐しゃ物を素手で受け止めたという。

しかも、受け止めたものを車窓から捨てるよう周囲から言われたジェリー・イェンは、「絶対にダメ」と言い放ち、車を降りてごみ箱まで捨てに行った。あくまで冷静で、嫌な顔ひとつしないジェリー・イェンの態度に感動し、驚かされたという。(翻訳・編集/Mathilda)