写真提供:マイナビニュース

写真拡大

一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は13日、Adobe Flash Playerの脆弱性に注意喚起した。Adobe Systemsは、DoS攻撃や任意のコードを実行される恐れがある脆弱性APSA16-02を含む、25件の脆弱性を修正した最新版を米国時間12日に公開済み。既に脆弱性を悪用した攻撃も確認されており、JPCERT/CCは早急なアップデートを呼びかけている。

影響を受けるFlash Playerは下記のバージョン。

・Adobe Flash Player Desktop Runtime 21.0.0.226およびこれ以前(Windows、Mac)
・Adobe Flash Player Extended Support Release 18.0.0.343およびこれ以前(Windows、Mac)
・Adobe Flash Player 21.0.0.216およびこれ以前(Chrome、Chrome OS)
・Adobe Flash Player 21.0.0.213およびこれ以前(Edge、IE 11)
・Adobe Flash Player for Linux 11.2.202.616 およびこれ以前(Linux)

Google ChromeやMicrosoft Edge、Windows 8.1/10環境のInternet Explorer(IE)にインストールされているFlash Playerも影響を受けるが、各ブラウザを最新版にアップデートした場合、自動的に最新版のFlash Playerが適用される。バージョンの確認は「Adobe Flash Player:Version Information」から行える。