トヨタで最も速いペースで売れているアクアは、軽自動車をのぞき、現在の国民車といえるモデルになっています。

2011年12月の発売以来、国内新車販売台数4年度連続トップ(4月1日から翌年3月31日)となり、2016年2月末にはトヨタとして史上最速の4年3か月で国内販売累計100万台を達成。

1

 

人気の理由はもちろん燃費でしょうが、プリウスよりも手軽な価格と扱いやすいボディサイズも幅広いユーザーの獲得に貢献しているはず。「G’s」や「X-URBAN」を設定するなど選択肢も広げることでさらに拡販につながっているのもあるでしょう。

トヨタ・アクアに物足りない点は先進安全装備でしょう。「Toyota Safety Sense C」の設定はまさに待望されていると思いますが、今回の特別仕様車「S Style Black」には、「Toyota Safety Sense C」が特別装備されています。

同モデルは、100万台達成を記念したモデルで、人気の「S」グレードがベース。ボディカラーに特別設定色となる「ダークブルーマイカ」を含む全5色を設定。

エクステリアはアウトサイドドアハンドルとバックドアガーニッシュにメッキ加飾を施すことで大人っぽい雰囲気としています。インテリアは、運転席アームレストの追加や、インパネの助手席オーナメントに合皮を採用。

さらに、パワーウィンドウスイッチベースにピアノブラック加飾を追加し、特別設定色ブラックとのコーディネートにより質感を向上。

そして、便利なスマートエントリーパッケージとともに待望の「Toyota Safety Sense C」が特別装備されています。

気になる価格は200万円を切る199万6037円で、10万円強の価格アップとなっていますが、装備を考えると最も「買い」といえる特別仕様車といえます。

(塚田勝弘)

史上最速で100万台を達成したアクアに「Toyota Safety Sense C」を装備した特別仕様車を設定(http://clicccar.com/2016/05/13/371758/)