好きな女性にだけ!愛情表現が苦手な男性が見せる5つのサイン(photo by Antonioguillem/Fotlia)

写真拡大

【恋愛コラム/モデルプレス】「これが愛情表現!?」と思えるものでも、男性にとっては立派な愛情表現の1つになっているサインがあるもの。特に、愛情表現が苦手な男性のサインは見逃しがちですよね。今回はそんな愛情表現が苦手な男性が好きな女性にだけ見せるサインをご紹介します。見逃さないよう、しっかりチェックしておきましょう。

【他の記事を見る】ソフレは「一緒に寝るだけ」じゃない?体験者がぶっちゃける

■プレゼントでの愛情表現


愛情表現が苦手な男性は感情をあまり表に出さないことが多いです。

「好き?」と直接尋ねてみても恥ずかしさで素直にうなずけないなんてこともありますよ。

本当に好きでいてくれているのかと不安になってしまいますが、そんな彼は愛情をプレゼントや贈り物として愛情を伝えているのです。

デートのときはすべて奢ったり、毎回プレゼントをしてくれたりと行動や態度でサインを出しています。

これらは好きな女性にしかしない行動なので、愛されている証拠だと思ってくださいね。

好きでもない女性には毎回プレゼントを贈ったりしません。

物理的な方法で精一杯の愛情を伝えているんです。

■女性の気持ちを優先してくれる


多くの人は、自分の価値観や気持ちを優先しているもの。

恋愛においても同じ価値観を持っているかどうかを重要視している人は多いでしょう。

感情的になると、つい自分の気持ちばかり見てしまいがちですが、相手の気持ちを優先してくれると「大切にしてくれているんだ」と実感しますよね。

愛情表現が苦手な男性は、何よりも好きな女性の気持ちを優先しようと考えています。

好きな女性の気持ちを優先するのは1つの愛情表現。

もし、自分よりもあなたを優先してくれるのなら愛されている証拠ですよ。

■言われたことを覚えている


基本的に、男性は興味のある話に耳を傾けます。

興味のない話は聞き流していることが多く、ほとんどは覚えていません。

しかし、好きな女性の話はどんな内容でも聞き逃さないように最後まで聞いています。

何に対して興味があるのか、嫌いなものや好きなものは何なのか、会話でリサーチしているのです。

そして、次の会話に繋げられるようにしています。

「この前行きたいと言っていたから」「すごく好きそうだったから…」と、会話でリサーチした場所へ連れていってくれたり、欲しいものをプレゼントしたりしたなら、それが彼の愛情表現。

きちんと会話を聞いてくれる男性は、あなたに好意を示している証拠ですよ。

■手など体の一部に触れる


好きな女性に触れたいのが男性の本音です。

特に、ストレートに想いを伝えることができない男性は、言葉よりも行動や態度で愛情を示す傾向があります。

最もわかりやすいのが女性に触れること。

男性が女性に触れるのは相手を愛しているサインになります。

女性からすると「体目当てなのでは?」とつい疑ってしまうでしょう。

けれども、男性は好きな女性に安心してほしい、自分の愛情を理解してほしい気持ちで触れようとしていますよ。

初対面で触れてくる男性は要注意ですが、何度もデートを重ねている間柄ならきっと大丈夫でしょう。

■困っているときに助けてくれる


あなたが困っているときにさりげなく助けてくれるなら、あなたに好意を寄せている証です。

愛情表現が苦手な男性は、好きな人を助けることで自分の愛情を示す傾向があります。

さらに、毎回いいタイミングで助けてくれるのはあなたのことを常に見守っている証拠ですよ。

いつも見守っているからこそ、すぐに駆けつけることができますよね。

言葉は少なくともきちんと行動で示してくれているのです。

いかがでしたか?

「好き」「愛している」という言葉は少ないですが、愛情表現が苦手な男性はそれなりにしっかりと行動や態度で愛情を示してくれています。

自分の価値観だけでは愛情表現になるサインを見逃してしまうでしょう。

サインを見逃すことのないよう、客観的に周囲を見渡してみてくださいね。(modelpress編集部)