13日、韓国メディアによると、米ホワイトハウスはオバマ大統領が広島を訪問することについて、「韓国人原爆被害者を含めた全ての犠牲者を追悼するため」との立場を明らかにした。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年5月13日、韓国・聯合ニュースによると、米ホワイトハウスは12日(現地時間)、オバマ大統領が被爆地・広島を訪問することについて、「韓国人原爆被害者を含めた全ての犠牲者を追悼するため」との立場を明らかにした。

国家安全保障会議(NSC)のカギンズ報道官は同日、「オバマ大統領は約2万人の韓国人原爆被害者に対しても追悼するのか」との質問に対し、「原爆被害者をはじめ、第2次世界大戦中に犠牲となった全ての罪なき人々を追悼するために広島を訪問する」と述べた。これは「追悼の対象には韓国人原爆被害者も当然含まれる」という趣旨の発言とみられている。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「米国の言葉通りに日本が解釈してくれればいいが…」
「オバマ大統領の広島訪問を利用し、日本がまた歴史を変えようとしなければいいけど…」

「オバマ大統領が米国に帰ったら、『裏切り者!』と言われてしまうのでは?」
「この発言はつまり、『韓国人の慰霊碑には立ち寄らない』ということ?」

「米国は真珠湾攻撃を忘れてしまったの?」
「オバマ大統領が広島を訪問する前に、日本の首相や天皇が真珠湾を訪問するべきでは?」

「日米韓同盟は大切だ。韓国人は現実を直視し、巨大な中国に対抗しなければならない」
「オバマ大統領はどうしてそんなにかっこいいの?韓国のことまでちゃんと考えてくれている」(翻訳・編集/堂本)