写真提供:マイナビニュース

写真拡大

トヨタ自動車は13日、ワゴンタイプのハイブリッドカー「プリウスα」に、黒を基調とした内外装デザインの特別仕様車「S "tune BLACK II"」を設定して発売した。

「プリウスα」は、優れた環境性能に加えて居住性の高さと使い勝手の良さを特徴としたほか、2列シート車と3列シート車が選択できるハイブリッド専用モデル。今回設定された「S "tune BLACK II"」は、「プリウスα」の「S」グレードをベースに、黒を基調とした内外装デザインとした特別仕様車となる。

内装には、ステアリングスイッチベースやコンソールスイッチプレートなど随所にラメ入りピアノブラック塗装を施し、上質な印象をより高めたほか、ステアリングホイールやシート表皮などにアクセントとしてホワイトステッチを施すなど、スタイリッシュな印象を付与した。外装においても、ブラックエクステンション加飾を施したプロジェクター式ハロゲンヘッドランプやクローム調アルミホイールキャップなどを特別装備。快適温熱シート(運転席・助手席)やスーパーUV・IRカットグリーンガラス(フロントドア / 撥水機能付)などを設定している。

外板色には、オプションの特別設定色「ブラッキッシュアゲハガラスフレーク」を含む全4色を設定。「プリウスα」特別仕様車「S "tune BLACK II"」の価格は、5人乗りタイプが269万7,055円、7人乗りタイプが290万3,237円(ともに税込)。なお、ベース車においては「プリクラッシュセーフティ(ミリ波レーダー方式)」などの安全装備をセットにしたオプションを「S」「S "ツーリングセレクション"」グレードに設定拡大し、より安全性に配慮した。

(木下健児)