あの味が海外で高級メニューに?日本のチェーン店海外進出事情

写真拡大

 普段、何気なく利用しているチェーン飲食店。日本だけの味かと思いきや、実は、いつの間にか海外進出を果たしていたお店も多いんです。

 そこで、現在海外進出を果たしているおなじみのお店をご紹介。海外にいったときは、ぜひ訪れてみて!

●吉野家

中国、シンガポール、フィリピンなどのアジア圏を中心に、アメリカにも進出中。ちなみにアメリカの牛丼=Beef Bowlも、日本と同じ調理法で作られているとか。

●大戸屋

大戸屋といえば、日本では“おふくろの味”が楽しめる定食メニューが豊富な飲食チェーン。そんな大戸屋が、実はニューヨークにも進出しているんです。バーカウンターもある店内は、日本とはまったく違う装い。器にもこだわった、ちょっと日本より高級な大戸屋ですが、味は日本と変わっていないそうです。ちなみに2015年には天ぷら専門店も同じニューヨークで展開しています。

●ココイチ

アメリカや中国、韓国などに進出しているのが、カレーハウスCoCo壱番屋。このココイチも、日本の庶民的なお店とはひとあじ違った高級志向。照明が暗い中で、おしゃれにカレーを楽しむスタイルだそう。味はあのココイチの味が健在だそうですよ。

 世界に愛される日本のチェーン店。海外に行ったときには気軽に利用できそうですね。