写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソフトバンクは5月13日、中国のアリババグループと、アリババグループ傘下の会社が提供するクラウドサービス事業「Alibaba Cloud」の技術を活用して、日本でクラウドサービスを提供するSBクラウド株式会社(以下「SBクラウド」)を設立したと発表した。

SBクラウドは、今後日本国内にデータセンターを設置し、Alibaba Cloudのパブリッククラウドサービスを提供する。また、データストレージサービス、データ処理サービス、企業向けミドルウエア、セキュリティーサービスなど、Alibaba Cloudのなサービスを日本の法人企業に提供する。

SBクラウドは本社を東京都港区に置き、代表取締役 兼 CEOをソフトバンクの専務取締役であるエリック・ガン氏が務める。出資比率はソフトバンクが60%、アリババグループが40%。

(丸山篤)