ソニックデザインといえば、独自のスピーカー構造で小径ながら迫力の低音から繊細な高音まで再現できる、プレミアムスピーカーとして知られています。

1

ソニックデザインスピーカーの特徴は、エンクロージュアーとよばれる筐体に小口径スピーカーとバスレフポートを備えている点。

純正で装着されているスピーカーと簡単に交換できるうえ、デッドニングなども不要とされています。さらに、この独自構造により外部への音漏れはほとんどなく、カーナビなどを使用したハンズフリー通話の際にも外部に会話が漏れることもないといったメリットもあります。

特に音にこだわる人の多いスバルオーナーにも愛用者が多く、愛知にあるソニックデザインスピーカーをメインに取り扱うプロショップ「ソニックプラスセンター名古屋」でも、その半数以上がスバルオーナーとなっているそうです。

ソニックデザインのスピーカーは純正ディーラーオプションとして、メルセデスベンツなどにも採用されているほか、スバル車では「BRZ」「WRX」「レヴォーグ」にも設定されています。

このほかに、ソニックデザインの認定店で取り扱っている「スバル車用ソニックプラス」シリーズでは、「インプレッサG4」「インプレッサSPORT」「レガシィB4」「レガシィアウトバック」用もラインナップ。

ディーラーオプションとして設定されているモデルでも、さらに上位モデルとなるハイグレードモデルやトップグレードモデルが設定されている車種もあります。6月には待望のフォレスター用もリリース予定。

現行スバル車であればほとんどの車種でソニックデザインが装着できるようになります。

このソニックデザインスピーカーを装着するスバルオーナー向けに「ソニックプラスセンター名古屋」がスタートさせたのが「ソニックデザインオーナーズクラブforSUBARU」です。

このクラブはオーナーの交流を目的とし、ソニックデザイン製品をスバル車で愛用されている方なら誰でも入会することができます。

今後はクラブ独自のミーティングやキャンペーンなど、様々なイベントを予定しているとのことですが、目玉はなんといっても入会特典。

会員証をはじめ、会員専用ステッカーのほか、ソニックデザイン愛用者があこがれるソニックデザインロゴバッジ2つも無料でもらえます。

このロゴバッジはソニックデザインのデモカーなどに装着されているもので、メーカーやソニックプラスセンターに販売して欲しい!といった声が上がるほど人気のアイテムとなっています。

確かに、内装やスピーカーグリルなど一切加工せずに装着できるソニックデザインのスピーカーは、聞けば誰でも交換したことがわかりますが、せっかくいいものに交換したことをアピールできないのもちょっと寂しい気もします。

このロゴバッジは残念ながら非売品ですが、オーナーズクラブに入会すれば無条件で手に入れることができるのです。

またオーナーズクラブのステッカーもおしゃれなデザインで、さりげなく高音質を愉しんでいることをアピールできるアイテムといえるでしょう。

この「ソニックデザインオーナーズクラブforSUBARU」の入会条件は、スバル車に乗っていること、ソニックデザイン製品を使用していることの2つが前提ですが、ソニックデザイン製品であればハイグレードモデルやトップグレードモデルのみならず、ディーラーオプションに設定されているモデルでも入会が可能。

さらにいえば、友人から譲り受けたものでも装着されていれば入会できるという広く開かれた条件も魅力といえるでしょう。

 

筆者も「ソニックプラスセンター名古屋」で、愛車レヴォーグに「ソニックプラス」のスタンダードモデルを装着。その作業の待ち時間にオーナーズクラブへの入会をさせていただきました。

ソニックプラスセンターでの作業はスピーカーの取り付けだけでなく、ヘッドユニットの調整も行ないますが、時間的には2時間から3時間程度で劇的に変わるサウンドを手に入れることができます。

ちなみに、ディーラーオプションで装着した際に必要となるスピーカーのエージング(慣らし)も完了した状態で装着(希望であれば音の変化を楽しむためにエージングをしないで装着することも可能)が終わっているのも作業完了後、すぐにいい音が楽しめる嬉しい特典です。

一方、オーナースクラブの入会もPCやスマホから簡単にできます。作業の待ち時間はもちろん、すでに愛用している人であれば、通勤中の電車のなかでも済ませてしまうことができるでしょう。

もちろん入会費、年会費は無料で、イベント開催時も参加を強制することもないそうです。むしろロゴバッジや会員ステッカー目当てでもいいですよ!というほど太っ腹なクラブです。

クラブの窓口となるソニックプラスセンター名古屋の宇佐美店長によれば

「夏ごろには初のイベントを開催したいですね。年間を通して2回程度クラブ主催のイベントが開催していきたいです。クルマ好きの方が、クルマといい音を楽しめるようなイベントにしたいです」

と語りました。

今後はサーキット走行会なども視野に入れてイベントを計画中とのこと。オーナーには期待の高まるクラブといえそうです。まずはWEBサイトから登録してロゴバッジと会員ステッカーをゲットしよう!

(井元 貴幸)

【関連リンク】

ソニックデザインオーナーズクラブforSUBARU
https://www.sonicdesign-owners.com/subaru/

ソニックプラスセンター名古屋
http://www.sonic-design.co.jp/sonicplus-center/nagoya/

ソニックデザイン
https://www.sonic-design.co.jp/

ソニックデザインを使っている全てのスバルオーナーが入れるクラブとは?【ソニックデザインオーナーズクラブ】(http://clicccar.com/2016/05/13/371414/)