意識高い系女子は、常にボトルドウォーターを持っているイメージがありますよね。それほど水の健康・美容効果は広く浸透しています。

とはいえ、水もただただ飲めばよいってものでもありません。飲むタイミングや量を間違えると、体に負担をかける場合もあるのです。

そこで今回は、美容ライターである筆者が、“間違った水の飲み方”を、5つピックアップしました!

■1:寝起きに冷たい水を飲む

夜眠っているときは汗を大量にかいているので、朝起きたら水分補給をするのが大事。あなたは、起きてすぐ冷たい水を飲んではいませんか?

冷たい水を一気に体へ流し込んでしまうと体温を下げ、胃腸を冷やしてしまいます。起きがけには白湯がベスト。白湯は内臓機能を温め血液の循環を良くし、体温を高めます。つまり、白湯は体の冷えを改善する上、新陳代謝とデトックス効果を引き上げるのです。

しかし、白湯は水分吸収率が水よりも高いので、飲み過ぎるとかえって体の負担になったりむくんだりします。一日700〜800mlの量に抑えておきましょう。また、白湯を作るのが難しい場合は、常温で水を飲む習慣をつけるのが得策です。

以前ご紹介した記事「ただのお湯はダメ!? “白湯”ブームでも実は知らない適正温度&作り方」では、白湯の効果や作り方を詳しくレクチャーしていますので、ぜひご覧になって下さいね。

■2:一日2リットル以上の水を飲んでいる

「毎日2リットル以上のお水を飲め」と聞いたことはありませんか?

私たちが排泄する水分量は、一日に2〜2.5Lだといわれています。しかし、人は食べ物からも水分を補給していたり、食べ物の栄養素が燃焼されて作り出される水分“燃焼水”が体内で発生していたりします。これらが約1Lだと考えられているので、私たちが一日に飲む水の量は1〜1.5Lでよいのだそう。

ただし、私たちが排泄する水分量、食物からの水分摂取量、燃焼水量には個人差があるので、喉が渇いたら水を飲むなど、体に合わせて飲む水の量を調整することが必要です。

■3:喉が渇いたら思いっきり大量の水を飲む

「喉が渇いたら水を飲んだほうがよい」と先述しましたが、一気に大量の水を飲むとかえって不健康になってしまうのです。

常温水でも一度にたくさんの水を体へ流し込むと、体が一度に排泄できず、水が体に溜まってしまう“水毒”と呼ばれる症状が起こるのだとか。体のあちこちに水が溜まってしまうと、むくみ、腫れ、胃腸病、めまい、だるさなど様々な健康被害が。

水のガブ飲みは抑えて、一度にグラス1杯程度の水を小まめに飲むように心がけましょう。

■4:コーヒーやお茶と一緒に水を飲んでいない

朝や食後にカフェインを摂る方は多いと思います。コーヒーやお茶に含まれるカフェインには利尿作用があるので、カフェインを飲んだときには、水を1〜2杯飲むと水分補給になりますよ。

水には栄養素を体中に運ぶ大切な役割があります。食後のお茶と水をセットにして飲むと、食べ物から摂取した栄養素を体にいきわたらせることができるのです。

■5:お風呂上がりに水を飲んでいない

暑くなってくるとお風呂上りのビールがたまりませんよね! しかし私たちは入浴中に大量の汗をかいています。

入浴後にビールを飲んでしまうと、アルコールでさらに体が脱水状態になるのでNG。その上、冷たいビールは体を冷やしてしまいます。特に冷え症の方は、入浴後や運動後のアルコールを控えておきましょう。

入浴後は常温の水ですばやく水分補給してあげると、血液のめぐりがよくなり、代謝がアップしますよ。

間違った水の飲み方、いかがでしたか? 体の水分が不足すると様々な疾患のもとになってしまいますが、飲み過ぎもトラブルの原因になってしまいます。この機会に、正しい水の飲み方をチェックしておきましょう。