<KYORAKUモアサプライズカップ 初日◇13日◇涼仙ゴルフ倶楽部(7,040ヤード・パー72)>
 三重県にある涼仙GCを舞台に開幕した国内シニアツアー「KYORAKUモアサプライズカップ」。初日の競技を終え6バーディ・1ボギーの“67”をマークした溝口英二が5アンダーで単独首位に立った。
 1打差の2位に奥田靖己、2打差の3位タイに連覇を狙う崎山武志、高橋勝成、加瀬秀樹の3選手がつけた。6位タイにはレギュラーツアーにも出場する“鉄人”室田淳らがはいっている。
 “戦う会長”、倉本昌弘は飯合肇らと並び1オーバーで26位タイ。この試合でシニアデビューした“タイの鉄人”、プラヤド・マークセンは2オーバー43位タイと出遅れてしまった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>