日本の街中で自動車のクラクションを耳にすることは1日に何回あるだろうか。普通の人ならば1回も聞くことなく、1日を終えるであろう。だが、中国でクラクションの音を耳にすることは普通のことであり、路上では渋滞が発生するたびにクラクションがいたるところで鳴り響いている。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本の街中で自動車のクラクションを耳にすることは1日に何回あるだろうか。普通の人ならば1回も聞くことなく、1日を終えるであろう。だが、中国でクラクションの音を耳にすることは普通のことであり、路上では渋滞が発生するたびにクラクションがいたるところで鳴り響いている。

 中国の街中でクラクションが頻繁に聞かれるのは、それだけ中国人の運転が荒く、無理な割り込みなども多いことを示すものだ。反対に日本でクラクションが聞かれないのは、日本人の運転マナーが良いことを示すともいるが、中国サイト百度百家はこのほど、世界で最も運転マナーが良いのは日本人であるとの記事を掲載した。

 記事は、中国人記者が旅行で訪れた東京や沖縄で実際に目にした光景をもとに、日本人の運転マナーは世界でもっとも優れていると指摘している。例えば、日本では車間距離を守り、ほかの自動車や歩行者に「自ら道を譲っていた」と紹介している。中国では基本的に自動車が歩道者に道を譲ることはない。中国は右側通行であり、交差点では特に表示がない限り赤信号でも右折することができる。横断歩道に歩行者がいてもクラクションを鳴らして突っ込んでくる。そんな中国から日本を訪れれば、日本の運転マナーがすばらしく良いと映るのも当然だ。

 また、中国人記者が日本旅行で感銘を受けた別の点として、「軽自動車の存在」を挙げた。軽自動車は日本特有の自動車サイズであり、日本の自動車技術の詰まった存在と言える。記事は軽自動車の利点として、省スペースや省エネなどを挙げ、多くの中国人の生活様式が軽自動車の使用に適していると述べた。しかし中国では「大きいことは良いこと」との考え方があるため、軽自動車が普及するのは難しいのではないだろうか。

 日本の運転マナーをアジア諸国の運転マナーと比較すれば、日本の良さが際立つ。中国人が日本人と比較するのは意味あることと言えるだろう。しかし日本人は中国人と比較して優越感に浸るのではなく、日本より優れた国々と比較してさらなる改善点を見つけていくべきだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)