ホンダは、パッケージ型「スマート水素ステーション(以下、SHS)」をホンダ青山本社ビルに設置し、5月11日から稼働を開始したと発表しました。

1

今回、SHSがホンダ青山本社ビルに設置されるのは、都内の商業地域として初めてのことになります。

また、SHSでの水素製造に必要な電力は、太陽光発電システムでまかなわれており、燃料電池自動車(以下、FCV)のCO2フリー走行が可能になったということです。

このSHSは、ホンダが独自開発した高圧水電解システム「Power Creator」を採用しており、圧縮機を使用せずに製造圧力40MPaの水素を24時間で最大1.5kg製造することができます。

製造した水素を約19kg貯蔵しながら、主要機器は7平方メートル程度に収まるサイズにユニット化されており、短期間で設置できる利点があります。

SHSの設置は、今回の青山本社ビルへの設置が2015年12月の和光本社ビルに続く2ヵ所目。徳島県、宮城県、埼玉県では環境省補助事業としてSHSがすでに稼働しています。

ホンダ青山本社ビルのSHSは、まずはホンダが自社で保有するFCVへの水素充填に活用し、将来的には地産地消の水素として幅広い活用を目指している、ということです。

(山内 博・画像:ホンダ)

初の都内商業地域での稼働となる「スマート水素ステーション」がホンダ青山本社ビルに設置(http://clicccar.com/2016/05/13/371447/)