5月19日(木)に発売されるガン型ビアサーバー「ビールアワースタジアム」(税抜2300円・全2種)/(C)T-ARTS

写真拡大

タカラトミーアーツから、「ビールアワーシリーズ」第6弾が登場。まるでスタジアムのビアサーバーさながらに勢いよく泡を注ぐことができる「ビールアワースタジアム」(税抜2300円)を、5月19日(木)から発売する。

【写真を見る】使い方は2つのトリガーを使い分けるだけ!/(C)T-ARTS

「ビールアワースタジアム」は、幅約155×高さ約275×奥行約71mmのガン型ビールサーバー。2つのトリガーを引く時の圧力でビールを噴射させる電池不要の玩具で、2011年の第1弾発売以来、累計売上約80万個を売り上げている人気シリーズの新作だ。色は、マグナムブラックとモルトイエローの2色で展開する。

使い方は、本体に市販の350ml缶ビール(缶上部の直径が56から57mmのものに対応)をセットして、「ビアトリガー」でビールを、「アワトリガー」で泡をグラスに注ぎ分けるだけ。きめ細かい泡にするためには、泡を注ぐ前に本体を2、3回振るのがポイントだ。気になる衛生面も、本体の丸洗いが可能なのでキャンプやバーベキューといった屋外のレジャーでも気軽に楽しむことができる。

「6年目を迎えた今年、“ビールを楽しもう!”と原点回帰の精神の元、玩具メーカーならではの発想で開発した」(タカラトミーアーツ広報)というこの商品。ビールが大好きなお父さんへの父の日のプレゼントとしても喜ばれそうだ。【東京ウォーカー】