男子は「ドラマ語り女子」が正直しんどい #男子の本音

写真拡大

一般男子のホンネ。それは「恋愛がしんどい」

女子は恋愛をがんばるけど、そのがんばり、男子にちゃんと届いてる? 意外と男子はしんどいって思うことがあるんです。

今回のテーマは「ドラマ好き女子」。一体、何がどうしんどいのか。男子のホンネを聞いてみました。

「デートのとき、彼女がいまハマっている、僕が見ていないドラマの感想と解説を毎週してくるのがしんどい。せめて話が面白かったらいいんですけど、女子同士の格付け合いとか、正直どうでもいい...」(30歳・新聞社勤務)

「不倫ドラマが放送されていたときはやたらと浮気を疑われ、結婚がテーマのドラマが放送されると、今度は結婚の話が多くなり...。彼女の影響の受けっぷりに疲れますね。次のドラマのテーマに、毎回ヒヤヒヤしています」(25歳・マスコミ)

「正直、女性向けの恋愛ドラマの内容は、男子には理解できません。せめて刑事ものとか、仕事がテーマとか、海外ドラマだったら、一緒に話せるのになーって思いながら彼女の話を聞いています」(28歳・マスコミ)

自分しか見ていない番組内容を永遠と語る

気になっている男性や彼氏とのデートで、よくドラマの話をしていたら要注意。彼から話を聞いてきたならいいですが、そうでない場合、じつは内心うんざりしているかもしれません。

付き合う前との彼だったらとくに「話が合わない」と思われてしまうかもしれないので、注意しましょう。

ドラマの内容に影響されすぎ

ドラマに影響を受けすぎていませんか? ひとりで楽しむ分にはいいですが、彼を巻き込まないように気をつけましょう。また、たまにドラマで見た場所に行きたがったり、放送シーンの再現を要望する女性がいますが、それも男性はしんどいと感じています。

正直、男子には恋愛ドラマの内容は理解できません

ぶっちゃけて言うと、女性向け恋愛ドラマの内容は男子には理解できません。ドラマを見ても女性の心理や行動は謎だらけ。会話を盛り上げたいと思うなら、せめて互いに見ている共通のドラマの話をするようにしましょう。

表向きはニコニコと話を聞いてくれていたとしても、もし男性側から話をふってこないようであれば、ドラマの話はひかえるのが賢明です。

あわせて読みたい

男子は「元彼の影」が正直しんどい

・男子は「スマホ画面が割れている女」が正直しんどい

・男子は「5ラリー以上のLINE」が正直しんどい

image via Shutterstock