要注意!いつも洋服が臭いアノ人がやっているNG洗濯習慣5つ

写真拡大

ちゃんと洗濯してるのに洋服が臭う……なんて経験ないですか?

すれ違いざまに、ふっと香る“いい匂い”ならまだしも、臭い匂いは自分だけでなく他人も不快にしてしまいます。実は、良い香りの柔軟剤を使用しても、そもそも衣類の臭いが消えていないと意味がないともいうのです。

今や高機能の洗濯機や洗濯洗剤もたくさんありますし、洗濯は誰にでも簡単にできます。しかしあなたがいつもやっている洗濯の習慣が、臭いの原因になってしまっているかもしれません。

そこで今回は『WooRis』の過去記事や、海外の情報サイト『wiki How』などの記事を参考に、“洋服が臭い人がやってしまっているNG洗濯習慣”5つをご紹介します。

 

■1:頻繁に洗わない

今日は、あんまり汚してないし、汗もかいてないから、という理由でその日に着た洋服をそのままクローゼットにしまっていませんか?

これ、実は臭いの元になるんです。

着たら着ただけ洋服は汗や体臭で汚れて臭うものです。それを洗わずに戻してしまうと、他の洋服まで臭ってしまいます!

下着や靴下(タイツやストッキングを含む)、シャツは一度着たらきちんと洗いましょう。スカートやズボン、パジャマ、ブラジャーも2〜3回着たら洗濯機へ。

スーツなども、バーやレストランで料理やタバコの匂いが付いてしまった時にはすぐにクリーニングに出したほうがいいでしょう。

 

■2:洗剤の量が適量でない

洗濯洗剤の量は、多くても少なくても臭いの原因になります。

少ないときちんと汚れが落ちず、多いと洗剤が残ってしまってかえって臭くなります。また、すすぎ残しがあるとアレルギーの原因にもなりますので気をつけてください。

洗濯洗剤には洗濯物の量と洗濯機のタイプ別に適量が記されていますので、きちんと読んでから使ってくださいね。

 

■3:すぐに干さない

洗濯が終わってもすぐに干せない時ってありますよね。でも、そのうちやるから、とそのまま放置しておくとカビ臭くなってしまいます。

洗い終わった洗濯物はなるべく早く取り出し、乾燥機に入れるなり干すなりしてカビの繁殖を防ぎましょう。

 

■4:洗濯槽の掃除をしていない

一見綺麗に見える洗濯槽。でも、あなたが思っているよりも相当汚れています!

月に一度は専用クリーナーで掃除をしましょう。また、洗濯槽内部にある糸くずネットは、毎回きれいにしておくと臭いの原因を減らすことができますよ。

そして、洗濯の後は蓋を開けてしっかり内部を乾燥させることを忘れずに。

 

■5:洗濯カゴに湿った洗濯物を入れてしまう

使ったバスタオルや濡れた洋服など、そのままポイッと洗濯カゴに入れていませんか? これらは雑菌やカビが繁殖する原因になるのでやめましょう。

濡れたり湿ったりしているものは乾いてから洗濯カゴに入れるか、すぐに洗ってしまうのがいいですね。

 

以上、“洋服が臭い人がやってしまっているNG洗濯習慣”をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。当てはまったことはありませんでしたか?

意外と当たり前にやってしまっていることもあったのではないでしょうか。

これから汗ばむ季節、そして梅雨と続きます。臭いが気になる季節でもあります。正しく洗濯をして、いつもいい匂いで生活したいですね。

(ライター 吉田和充)

 

【関連記事】

※ えっ…叩いちゃダメ?7割の人が知らない「布団の正しい干し方」ポイント5つ

※ いつ洗濯した?「汚れたカーテン」であなたの健康も運気もダダ下がりに

※ クリーニング代を賢くカット!「中高生の制服」を洗濯機で上手に洗うコツ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 91%の人が「顔汗の改善」を実感!今話題の最強アイテムとは

※ 夫婦円満の秘訣は「我が子」!夫婦で子どもの成長を実感するたった一つのコツ

※ 忙しくてもすっぴん美人!? 今話題の自然派化粧品を美容家が試してみた

 

【姉妹サイト】

※ コーヒーブレイクでお口が臭う!? 「コーヒー口臭」の原因と対策3つ

※ 3位井川遥!劣化どころか「年を取るほど色気が増してる芸能人」1位は

 

【参考】

※ How to Make Your Clothes Smell Good - wiki How

 

【画像】

※ Katherine