多くの離婚夫婦から学ぶ「共稼ぎ夫婦が円満に過ごす秘訣」5つ

写真拡大

仕事に家事、育児と主婦の毎日は忙しいですよね。あっという間に時間が過ぎてしまい、なかなか自分の時間を取ることができない人もいるのでは?

共稼ぎ夫婦は年々増え、主婦でも社会貢献や仕事にやりがいを持つ人が増えています。一方で、毎日が忙しくて家庭生活に支障が出てくる場合も……。

そこで今回は、夫婦問題・離婚カウンセラーの宇野夏騎さんと岡本直美さんに“共稼ぎ夫婦が円満に過ごすコツ”についてお聞きしました。

 

■1:家事の不公平感をなくす

離婚率の増加に拍車をかけているのは、“夫婦共働き世帯の増加”だといいます。そして、共稼ぎ夫婦がうまくいかなくなる一番の原因は“不公平感”なのだそうです。

本来なら夫婦で協力しなくてはならない家事や育児の考え方が、男女で違っているところに問題があるようです。

共稼ぎの夫からの相談で「自分はこんなに家事も育児も手伝っている」というのをよく聞くそうです。しかし、“手伝っている”ということ事態、「原則的には妻がやるものだ」という考えがあるように思えますね?

分担を決めるというよりは、状況に応じてどちらかの手が空いているときにやるというようにしたらいいかもしれません。

仕事で疲れているのは同じ! お互いに思いやる気持ちが大切になってきます。どちらかに負担が重なると、“こんなことなら一人でいたほうが楽”なんて思ってしまいます。ちょっとしたことの積み重ねが離婚につながることになりかねません。

 

■2:家計費の負担率を明確にする

共稼ぎの場合、家計費については折半している事が多いようです。例えば家賃は夫、食費は妻という場合一見平等に見えますが、お互いにどのくらいの収入があるのか不透明なことも多いそうです。収入に対してどのくらいの割合を家計に入れているか、お互いわからないと不満が出てくることが多くなるといいます。

自分ばかりお小遣いが少なくて、相手は趣味や買い物に使っている……という状況は不公平だと感じますよね。ある程度お互いの収入額を明かしておけば、家計費についての愚痴や不満は避けられますね。

 

■3:職場での地位を家庭に持ち込まない

夫婦のどちらかが仕事で昇進して地位が高くなったとしても、家庭では妻と夫は対等であり、横並びの関係であることは変わりありません。

一方的に、それぞれの仕事の自慢話、また、愚痴や不満を無理やり聞いてもらうようなことは避けたほうが賢明だそうです。

夫婦それぞれの相談がある時は、タイミングを見て話を聞いてもらえる雰囲気作りをしましょう。そして、受け止める側は“極力相手の話だけを聞く事”に徹することが大切だそうです。お互いを労わる気持ちが伝われば、自然と感謝の気持ちや言葉が出てきますね。

 

■4:二人で同じ方向を見ていること

お互い仕事があり経済的には自立している場合、最悪別れても食べていけます。だからこそ“何のために一緒に居るのか”ということを常に考えるといいそうです。二人で居た方が楽しいこと、得すること、好都合なことはどんなことでしょうか?

そして、“5年後、10年後にどういう生活をしたいか”という将来の夢を一緒に見られることが大事だといいます。

ただ共同生活するだけではなく、いくつになっても共通の夢を語れるように、たまには時々帰宅時間を合わせて夫婦デートを楽しむのもいいですね。

 

■5:お互いが心地よい距離感を保つ

休日の過ごし方1つでも、ゆっくりしたい人も居れば、平日出来ない家事を片付けたい人、思いきり遊びたい人等、さまざまですよね。お互いの立場を理解し、心地よい距離感を保ちましょう。その一方、仕事の愚痴から将来の夢まで、小さい事でも何でも話せる関係でいる事も大切だそうです。

お互いの立場だけを主張し、気配りや感謝の気持ちが持てないような状態になった時、結果として“家庭崩壊”や“離婚”につながるそうです。

 

以上、“共稼ぎ夫婦が円満に過ごすコツ”についてお伝えしましたが、いかがでしたか? 仕事へのやりがいや楽しみを持ちつつも、お互いを理解し、ちょっとした気遣いや心構えをすることで、心地よく過ごすことができます。

最近、忙しくて夫婦間でのコミュニケーションが少なくなってきたという人は、ぜひ試してみてくださいね。

(ライター 高瀬真澄)

 

【取材協力】

※ 宇野夏騎・・・夫婦問題や離婚等のカウンセラーとして悩みや不安を抱くクライアントに寄り添い、カウンセリングからそれぞれのメンタルケアまでフォローする。自分自身を大切にする生き方を一緒に考えるライフステージ・カウンセラーでもある。

※ 岡本直美・・・夫婦問題・離婚カウンセラーとして東京・銀座のカウンセリング「愛win」にて、夫婦の修復、離婚相談は勿論、結婚に関わる様々な問題の相談を受けている。「泣いても1日 笑っても1日」悩み事は誰かに話す事で自分から離していきましょう、と考える。ブログにて活動更新中。

 

【関連記事】

※ 「夫婦円満を保つ、たった1つの心がけ」が11年間に渡る調査で判明

※ オープンな関係を保ててる?夫婦円満である為に絶対にやってはいけない事3つ

※ お宅の夫の家事分担は何割?「専業主婦と共働きの家庭の違い」が興味深い

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 夫婦円満の秘訣は「我が子」!夫婦で子どもの成長を実感するたった一つのコツ

※ 忙しくてもすっぴん美人!? 今話題の自然派化粧品を美容家が試してみた

※ 91%の人が「顔汗の改善」を実感!今話題の最強アイテムとは

 

【姉妹サイト】

※ よかれと思って!? 「夫のプライドをズタズタにする」妻のNGセリフ

※ 一緒に愛も育つオマケつき!夫が自然と「家事メン」に育つコツ5つ

 

【画像】

※ Phovoir / Shutterstock