世間の「仲の良いママ友同士」の交流方法は?1位は意外とあっさりな結果に

写真拡大

お子さんのいる方の多くが、多かれ少なかれママ友付き合いをしているのではないでしょうか?

児童館や公園で知り合ったという場合や、保育園や幼稚園の送り迎えで顔を合わせているうちに仲良くなった、というケースもありそうです。

小学校にあがると、子どもたちが大人と離れて遊ぶようになるのでママ付き合いも疎遠になりそうですが、それでもPTAや行事ごとで関わる機会も少なくありません。

では実際に、周りのママ同士は普段どのように繋がり、どのような付き合いをしているのでしょうか? 今回は『アットホーム』が行ったママ友との理想の距離の調査結果から、“仲のいいママ友との付き合い方”ベスト5をお伝えします。

 

■5位:「○○ちゃんのママ」でなく相手の名前や名字で呼び合う

首都圏の持ち家に住む、小学校の子どもをもつ母親620名に「一番仲のいいママ友とは、どのような付き合いをしていますか?」という質問をしたところ、「仲のいいママ友とは“○○ちゃんのママ”でなく、相手の名前や名字で呼び合っている」が5位にランクインしました。

“○○ちゃんのママ”という呼び方は、子どもありきの呼び方ですので、相手の名字や名前、あだ名で呼ぶのは一線を越えた気持ちになりますよね。

また、『WooRis』の過去記事「ママ友のこと何て呼んでる?“ママ友同士の会話”で要注意なNGワード4つ」でもご紹介しているように、“○○ちゃんママ”という呼び方自体が不快だという意見も……。

「私はほかのママから○○って呼ばれているんだけど、なんて呼ばれているの?」と聞いてみると、スムーズに“○○ちゃんママ”から脱出できそうですよ。

 

■4位:一緒にお茶をする

4位にランクインしたのは「一緒にお茶をする」という回答でした。

小学生の子どもをもつママにとって、悩みはつきものですね。一人で悩むよりも、同じくらいの年の子をもった母親同士であれば、分かり合えることも多いでしょう。

昼間にお茶でもして、お互いの近況を話すだけでも心は軽くなるもの。『WooRis』の過去記事「育児の悩み…旦那より“スマホのママ友”に頼る人が急増中」では、夫に子どもの悩みを相談するより、ママ友に話したほうが解決したり、ストレス発散になったりするという調査結果をお伝えしました。

夫にとっては寂しい話ですが、やはり同じ経験をするママだからこそ相談相手として適任なのでしょう。

 

■3位:一緒にランチをする

仲のいいママ友とは「一緒にランチをする」がベスト3に選ばれました。

4位の「一緒にお茶をする」同様、ちょっとした悩み相談やストレス発散に一役かってくれそうです。

お茶よりも予算はかかってしまいそうですので、いくら仲がよくても頻繁に誘うのは煙たがられます。頃合いを見計らってランチ計画しましょう。

 

■2位:メールやLINEをする

そして2位は「メールやLINEをする」となりました。お互いの自由時間が合わなくても、メールやLINEならいつでもできていいですね。

連絡先を交換しておくことは、困ったことがあったときや子ども同士のトラブルのときなど、仲のいいママ友であれば必要最小限のところでしょう。

LINEであれば連絡先交換も容易ですし、ママ同士の連絡網としてグループを作ったり写真を共有できたりと、何かと便利です。

また、連絡先を知っていれば、お茶やランチにも誘いやすいですね。

 

■1位:立ち話をする

仲のいいママ友との付き合い方、堂々のベスト1は「立ち話をする」でした!

立ち話ですので、小学校に送り出すときや塾のお迎えなど、“ママ友と顔を合わせたときに話す”という、意外とあっさりした付き合い方です。

“長々話しているほど暇ではない”のか、はたまた“毎日顔を合わせるから、それ以外に時間をとる必要もない”のか、人それぞれありそうですが、「一番仲のいい」ママ友ですらそこまで深いお付き合いをしていないということがわかりました。

 

■6位以下の結果は?

以下は6〜10位です。

6位・・・一緒に子どもの行事等に参加する

7位・・・お互いの家に遊びに行く

8位・・・一緒に遊びに行く

9位・・・一緒に飲みに行く

10位・・・一緒に買い物に行く

その他、家族ぐるみの付き合いがある人や旅行に行く人もいましたが、上位5位を見る限り、多くの人が普通の友達よりもママ友のほうが浅い付き合い方をしていることがうかがえます。

 

■仲がいいばかりではない“ママ友付き合い”

その一方で、「ママ友が面倒だと思ったことがある」人は67.5%にものぼりました!

ママ友といっても人間同士ですから相性もありますし、子どもがいる関係上、ママ友として関係をつないでおかなければならない……という状況もありますよね。

また、「ママ友が原因で引っ越したいと思ったことがある」に対してYESと回答した人が15.4%となりました。

むしろ、そこまでになるだけのトラブルを避けるために、付かず離れずの距離感を保とうとしているのかもれしれません。

『WooRis』の過去記事「当てはまってない?ママ友トラブルになりやすいNG行動4個」ではトラブルを事前に避けられるよう、アドバイスをご紹介していますので、是非とも参考にしてみてくださいね。

 

以上、“仲のいいママ友との付き合い方”ベスト5をお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?

“親しき中にも礼儀あり”で、仲良くなってからも一歩踏み込み過ぎると、迷惑がられることもありますし、ちょっとしたことから亀裂が入ってしまうこともあります。

とはいえ、困ったときに助けになるのもママ友。やはり適度な距離感を保つことが、良好な関係をつないでいける秘訣なのかもしれませんね。

(ライター 沖田かへ)

 

【関連記事】

※ ゲッ…言ってた!ママ友に「夫婦問題を相談しないほうがイイ」理由5つ

※ 3位夜の営み2位子育て方針…ママ友からの「イラつく会話」1位は?

※ 大ヒンシュク!ママ友に「超絶ウザい女認定」されるSNS投稿のNGパターン5つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ これでもう汗に悩まない!? 脇汗が驚くほど止まる「毎朝5秒の習慣」とは

※ 健康生活の強い味方!驚くほどの栄養たっぷりなのは身近なアレ

※ 酵素やスムージーを超える?山田優も愛飲、全米大ブームのコンブチャとは

 

【姉妹サイト】

※ ウゲッ…それ地雷!「専業主婦のママ友を敵にする」働きママのNG発言

※ 2位太って別人より…妻を「もう女として見られない」と思う時1位は

 

【参考】

※ 小学生の母親に聞く、「ママ友との理想の距離」調査 - アットホーム

 

【画像】

※ Malakhova Ganna / Shutterstock