ケーブルは脱着可能、バランス接続にも対応

写真拡大

スピーカーなど音響機器を扱うフォステクス・カンパニー(東京都昭島市)は、ヘッドホン「TH610」を2016年6月上旬に発売する。

ハウジングに高級黒胡桃無垢削り出し重硬材を使用し、美しい木目を活かした艶やかな響きを実現したという。内部パーツにアルミニウムやマグネシウムを多用し、高い質感と軽量化を両立。

超強力磁気回路により低歪率で広ダイナミックレンジの50ミリ径ドライバーユニットを搭載。独自開発のバイオ・セルロース技術による「バイオダイナ」振動板を採用し、豊かな超低域と素直な中域、存在感ある高域再生に対応する。

脱着式「デタッチャブル・コネクター・ポート」を備え、ケーブル側端子と本体側の接点端子に高硬度で耐摩耗・耐食性に優れたロジウムメッキ処理を施す。ケーブルに高い導電性で全帯域をクリアに表現する純銅製を採用したほか、別売の交換用バランスケーブルを利用すれば、音の定位が向上するバランス接続にも対応する。

イヤーパッド部には低反発クッションとソフトレザー調人工皮革を採用し、快適な装着感と高い遮音性を実現した。レザー調ポーチが付属する。

価格は7万5000円(税別)。