9日、米国で赤ちゃんをわざとプールの中へ落とした後、なかなか助けようとしない母親の動画が公開され、物議を醸している。

写真拡大

2016年5月9日、米国で赤ちゃんをわざとプールの中へ落とした後、なかなか助けようとしない母親の動画が公開され、物議を醸している。

映像には母親が赤ちゃんの好きなものを振り、赤ちゃんをわざとプールに落とす様子が映っている。顔からプールに落ちて少し水を飲んでしまった赤ちゃんは本能的に仰向けになって泳ぎ始めるが、手足をばたつかせながら今にも泣き出しそうな声を上げている。

これを見たネットユーザーの反応は「母親が子供を虐待している」と「母親なりの教育法」の真っ二つに分かれた。これに対し、母親は「水の中で自分を守る技術を教えていた」とし、過去に幼い息子が溺死したことを明らかにした。(翻訳・編集/堂本)