12日、中国のインターネット上に、このほど「日本人の社会を見よ!本当に恐ろしい」と題する記事が掲載された。写真は新宿。

写真拡大

2016年5月12日、中国のインターネット上に、このほど「日本人の社会を見よ!本当に恐ろしい」と題する記事が掲載された。

記事は、日本の日常生活の中から「恐ろしい」点を20個紹介している。

1.出かけた後に、家に鍵をかけるのを忘れたことに気づいても気にならない
2.警察官がとても親しみやすく、冗談も言ってくる
3.お金に対する警戒心がない(偽札を見たことがない)
4.ちょっとした用事なら、止めた自転車に鍵はかけないし、カゴの荷物もそのまま。なくなることはない
5.のどが乾けばどこの水道からも飲める水が出てくる
6.会計の後、おつりを確かめない
7.知り合いでなくても、会ったら笑顔でお辞儀する
8.商品を購入する際に、その場で中身を確認しない(偽物がない)
9.青信号で横断歩道を渡る時、車が来ないかと両側を確認しない
10.ドアをノックすると誰であるかも聞くことなくドアを開ける
11.毎日カレンダーで何曜日かを確認してからごみを捨てる
12.スーパーでは野菜を品定めせず、適当に手に取ってカゴに入れる
13.公共の場所はすべてが自動ドア
14.口論や殴り合いをしない。みんな和気あいあい
15.出かける時にティッシュを携帯しない(トイレにはペーパーが常備)
16.買い物をする時、だまされる心配がない(グラムに応じてパックされ、料金計算も正確)
17.道路がきれいであることが当たり前
18.すべての公衆電話、自動販売機が正常に作動する
19.「安くて良い物はない」は真実ではない
20.公務員が低姿勢

日本人にとっては当たり前だと感じるものばかりだが、中国人は驚きを感じるようだ。中国ではこれらの現象がすべて逆であると考えると、両国民の生活習慣の違いが実感できるのではないだろうか。(翻訳・編集/北田)