桐谷健太(左)と彼が声を演じるターザン(右) (C) 2016 Edgar Rice Burroughs, Inc. and Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

写真拡大

『ハリー・ポッター』シリーズ4作品でメガホンをとったデヴィッド・イェーツが監督し、北欧の美男子俳優アレクサンダー・スカルスガルド主演で映画化される『ターザン:REBORN』。この作品で、スカルスガルド演じる主人公ターザンの日本語吹き替えを桐谷健太がつとめることがわかった。桐谷が実写で声優をつとめるのは、本作が初となる。

北欧美男アレクサンダー・スカルスガルド演じる新ターザンが美ボディ披露!

桐谷は、俳優として数多くの作品に出演するだけでなく、2015年CM好感度ランキング年間首位に輝く『三太郎』シリーズで浦島太郎を演じ大ブレイク。このCMで披露した「海の声」は、楽曲視聴でYouTube、Apple Music、LINE MUSIC等サブスクリプションサービスを合わせトータル4,000万回、楽曲配信で70万ダウンロードを突破している。

本作で桐谷は、オファーを受けた翌日に快諾! 「初の実写声優で、あの誰もが知っているターザンの声をやらせて頂けるということで、気合いはもちろん、今から自然をもっと身体にまぶして、実写に負けないワイルドでパワフルなターザンの声を演じたいと思います!」とコメント。

そんな桐谷に、イエーツ監督と、プロデューサーのデイビッド・バロンから「桐谷健太さんが日本のターザンになってくれて嬉しいよ!時代を超越して愛される『ターザン』が本作では新たに生まれ変わる。我々は桐谷さんが日本の皆様に新たなターザンの魅力を届けてくれることを確信しているよ!」とのコメントが寄せられている。

【関連記事】
『ハリー・ポッター』監督が北欧美男俳優主演で『ターザン』を映画化!
ターザンのイメージを一新! “英国貴族”風ビジュアルが解禁
[動画]『ターザン:REBORN』予告編
桐谷健太インタビュー