5月11日、東京アメリカンクラブにて、ブロードウェイミュージカル『シカゴ』宝塚歌劇OGバージョン制作発表記者会見が行われ、峰さを理さん、姿月あさとさん、大和悠河さんら、出演予定の方々が登壇しました。


(C)GEKKO

『シカゴ』はトニー賞最優秀リバイバル・ミュージカル作品賞に輝いた、アメリカでは歴史の旧い名作です。

本公演は、2014年、宝塚歌劇100周年を祝して制作された公演の再演となります。


宝塚歌劇団の歴代トップスターの競演ということで、かなり期待が高まる内容になりますが、峰さんは「まさかの再演で、またビリーを演じるかと思うとドキドキ、ワクワクします」と、高揚感をあらわにしました。

横浜、東京、大阪に加え、アメリカ・ニューヨークでも公演を予定しており、世界を股にかけて行われることについて、峰さんは続けて「海外公演を何度も行っている宝塚ですが、ショーやレビューではなく全編日本語での芝居は初めてなので、本場ニューヨークでどのような反響があるか楽しみです」と、新しい挑戦に目を輝かせました。


そのほかの挑戦として、世界初女性キャストのみの『シカゴ』であることが挙げられます。

姿月さんは、「女性が男性を演じるということで、2014年にニューヨークでも話題になりましたよね。また新しいチャレンジができることに期待しています。みんなで力を合わせて頑張りたいです」と、峰さんと同じく期待の表情を浮かべます。

そして、大和さんは“宝塚”魂をにじませます。

「“シカゴ”は衣装もセットもシンプルなので、身体すべてで表現する作品。前回は、さらけだす快感を知りました。“清く、正しく、美しく”を背負ってきた私たちとは真逆の“シカゴ”の世界に挑む姿をニューヨークの人に見てほしいです」。

『シカゴ』は言わずと知れた、富と名声の物語です。素晴らしい楽曲とスタイリッシュでセクシーなダンスが楽しめるこのミュージカル、ぜひ見に行ってみたいものですね!

ブロードウェイミュージカル『シカゴ』宝塚歌劇OGバージョンは、7月9日の横浜公演からスタートされます。

【関連記事】

※ 吉田栄作、玉木宏を前に「昔は俺も恰好よかった」と自虐ネタに走る

※ 生田斗真、脳内を見たい相手は岡田将生&松坂桃李をスルーで女優を指名

※ 二階堂ふみも絶賛のイケメン・吉沢亮、高校時代を明かす「完全にカーストの下だった」

※ 森田剛「共演は誰でもよかった」と主演作を語り、ムロツヨシが悲痛の笑み

※ 藤本美貴、旦那・庄司智春のプロポーズエピソードを明かす