深掘りコラム : 運動なし&低予算! 2ヵ月で7kg減がかなうダイエットサロン

今までどれだけのダイエットに挑戦してきただろう。食事系ではゆでタマゴやリンゴだけ食べるダイエットから、カロリー計算、油抜き、補助食品への置き換え、糖質オフ、絶食など。運動系ではヨガ、加圧、パーソナルトレーニング。サプリ系では排出から満腹中枢に働きかけるものまで。人頼みのエステ、鍼、美容医療。セルフエステ器具ではステッパー、ジョーバ、マッサージマシン、レコーディングに計るだけ……。パッと思いつくだけでもこんなにもあったのかと愕然としました。

 

しかし、成功したことは未だかつてなく、「もう太ったキャラクターとして残りの人生を生きていこうか」と思っていた矢先、中性脂肪やコレステロール値も正常範囲を超え、要注意ゾーンに突入し、笑っていられない状態になってしまったのです。

 

そんなときでした、友人の友人が2ヵ月で7kg、4ヵ月で9kg痩せてリバウンドもないという話を聞いたのは。ややぽっちゃりのイメージだったその女性は、すっかりスリムに綺麗になり、服や靴を新調して生活を楽しんでいました。そんな彼女を目の当たりにし、藁にもすがる気持ちで紹介してもらったのが、今通っているダイエットサロン。

 

運動やダイエット補助食品、施術など一切なしの「座学ダイエット」


サロンの主宰者である先生は、美人でスタイル抜群の46歳。30代、いや20代後半と言われても何の疑いもしようがないくらい、いわゆる美魔女系。サロンを始めて15年の間に350人以上の人をリバウンドなしで痩せさせたという凄腕先生です。

 

このサロンは1クール8週間で1クラスは5人、週に1度決められた時間にサロンへ通うのですが、エクササイズをするわけでも施術を受けるわけでもありません。体重や体脂肪、筋肉量、ウエストやヒップなどの各サイズを測り、それを自分で表に記入します。1週間分の食事記録を提出してこの1週間、できたこと、できなかったことなどの成果をみんなの前で発表します。

 

そのあと、その日のテーマに基づく講義。講義の内容は、たとえば、1kgの脂肪を落とすには7,200kcalを消費する必要があり、目標の7kg痩せるには50,400kcalを消費しなければならないこと。痩せるためには何を減らすべきなのか、そのための食生活や生活全般のアドバイスを教えてくれるのです。そう、このダイエットはダイエットの理論とそれに基づく実践方法を叩き込むのです。

 


実践方法の大きなウエイトを占めるのが食生活。この期間だけは、高タンパク・低カロリーの食生活の見直しをしていきます。

 

・豆腐などの大豆製品と魚介類のみ

・フルーツやナッツは食べ過ぎなければ OK

・ご飯やパンなどの炭水化物はもちろん、肉もNG

・デトックスのために1日3〜4ℓの水を飲む

 

などの制限がありました。取材や体験などで知っていることも多かったのですが、先生のセオリーに基づいて優しいけれどきっぱりした口調で語られると、胸にズシンと響きました。

 

秋に結婚を控えた20代の女性は「ウエディングドレスを素敵に着こなして彼に喜んでほしい」、40代の女性は「アルマーニのスーツで仕事に行きたい」など、目標は具体的なほどよいといいます。さらにその目標を実現するため、1日7,000歩歩く、植物タンパクを毎食摂る、水は1日3.3リットル飲むなど、日々習慣にすることを決めていきます。みんなの前で明らかにすることで意識づけをするのです。

 

過酷すぎるダイエット法を始めてみたら

はっきり言って、最初はできないと思いました。大好きな肉もご飯もチョコレートも和菓子も食べられないうえ、「意識改革なんてできるはずがない」と。自分の性格からしてもやりきれる自信がなかったのです。

 

と言いつつも、学んだことを実践して約2ヵ月。会食や打ち合わせなどお肉やご飯を食べてしまった日もありましたが、何と! 7kg減を達成してしまったのです。 「この私がナゼ……?」と思いましたが、今までのダイエットと大きく異なることがひとつ。それは痩せるための「How to」よりも「意識」を変えることが大事だということ。深く考えず、先生に言われたことをきちんと守るだけで確かに痩せるのです。

 

それに、週に一度の座学代は8週間で2万円。テレビで盛んにCMをしているスポーツクラブの1/10以下の安さなのです。それにクラスのみんなの変わり様を目の当たりにして「一人じゃない」という励ましと、「自分だけ痩せないなんてイヤ!」という意識を持たせてくれたのも大きかったです。

このダイエットサロン実は、今、静かなブームで予約が取れない状態が続いています。

 


この記事を書いた人 近内明子/美容ジャーナリスト

フリーランスのエディター・ライターとして女性誌を中心に美容、ファッション、人物インタビューなど、広いジャンルに渡って編集&タイアップページの企画、構成、執筆を担当。美容雑誌『美的』(小学館)創刊時から契約編集者として美容ページを中心に、取材・構成・執筆を担当すると同時に、フリーランスの編集として書籍、ムック本、広告関係のカタログなどの制作にも携わる。2013年よりフリーランスのエディター・ライターへ。メイクアップ、スキンケア、ヘアケア、ダイエットやエクササイズ等、ジャンルを問わず活躍中。