米オバマ大統領は主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に出席後の27日に広島の平和記念公園を訪れる予定だ。現職の米国大統領が訪問するのは初めてとなるが、これに対して韓国では多くの民間団体が「韓国人に謝罪せよ」と主張しているという。(イメージ写真提供:(C)Francesco Dazzi/123RF.COM)

写真拡大

 米オバマ大統領は主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に出席後の27日に広島の平和記念公園を訪れる予定だ。現職の米国大統領が訪問するのは初めてとなるが、これに対して韓国では多くの民間団体が「韓国人の被害者に謝罪せよ」と主張しているという。

 中国メディアの環球時報(電子版)はこのほど、韓国メディアの報道を引用し、韓国の原爆被害者協会の会長がメディアに対し、「オバマ大統領が広島訪問時に韓国人被害者に謝罪するよう求める」と述べたことを紹介。

 さらに、同協会はオバマ大統領はじめ米国政府に対し、広島平和記念公園にある韓国人被害者の記念碑にも献花し、謝罪するよう求める可能性があるとしたほか、米国に対して賠償を求める可能性もあると紹介した。

 続けて、韓国の原爆被害者協会の会長が「戦時中、連合国の戦闘機が連日のように日本に対して爆撃を行い、軍人の数十倍もの民間人がいた広島に対して米国は原爆を投下する必要性はまったくなかった」と指摘したことを紹介。一部で、米国の原爆投下は兵器としての試験的意味合いもあったとの見方が存在するとしたうえで、「すでに原爆被害者の多くがこの世を去っている今、米国は存命中の被害者に謝罪し、賠償すべきである」と述べたことを伝えた。

 なお韓国メディアの中央日報(日本語版)は13日に「韓国原爆被害者協会(以下、協会)は12日、陜川(ハプチョン)支部で理事会を開き、オバマ大統領が広島を訪問する27日に日本に代表団を送ることにしたと明らかにした。(原文ママ)」と報じている。

 オバマ大統領が原爆投下に対して謝罪するかどうかに大きな関心が集まっているが、アーネスト米大統領報道官は「謝罪すべきとは考えていない」と発言しており、謝罪は行わないとの見方が一般的だ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)Francesco Dazzi/123RF.COM)